大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

小学校の頃

この話は書いたことがあるかな?と思いつつ、書きたいなと思っていることがある。

実は今日、小学校からの友人とご飯を食べてきた。
かなり久しぶりだ。
小学校1年2年5年6年と同じクラスだった友人。

大人になった私たちはあの頃とは違う距離であの頃とは違う話しをする。

でも、唯一二人ともが同時にあの頃に戻ってしまうのが、5・6年担任をしてくれたK先生の話をするときだ。

この先生は30代くらいの女の先生だったと思う。
かなり、口の悪い人だった。すぐに「ばか」「まぬけ」という言葉が飛ぶ。
今の世の中だったら、すぐに問題になるよね。
でも、あの頃はそれでも当然だった。

何年か前に「女王の教室」というドラマをやっていたけれど、それを見ているとその当時を思い出してしまうくらい、「勉強」が大切で、それを怠ると、人間扱いされないような気がしていた。

だから、私のクラスでは当時珍しく私立中学受験者が多数出て、そして合格者も多数出た。

私はそこには入らなかったけどね。

その先生のエピソードで忘れられないのは給食。
男の子と女の子がちょっと意識してしまう年代。別に嫌いじゃないのに話さないようになったりとか、悪口を言ったりとか。
それを見かねた先生は教室の隅にある先生の席で毎日違う男女がペアになって給食を食べることを提案した。提案って言っても、先生が言えばそうなってしまうのだ。
そして、先生の席で食べる男女は、必ずお互いに話題を提供しなくてはいけない。
ぎこちなく、「趣味って何ですか?」とか聞いたりする。“お見合いか!”とタカ&トシ並みに突っ込みを入れたくなるような光景だ。
しかも、それが小学生だ。今から考えると笑ってしまう。

そして、一番最悪なのは、「現代の子はナイフの使い方をしらない」ということで、これまた提案されたフルーツとして出てくる“皮付きりんご”などの皮を裂き割れスプーンで剥いてからでないと食べてはいけないこと。だから、皮付きのフルーツが出るときに先生の席で食べなくてはいけないときは「あぁ最悪だー」と叫びたくなる。話さなくてはいけないし、皮をうまく剥けないと怒られるし・・・。
そんなドキドキの給食だったのだ。

今から考えるといい経験だったし、忘れられない思い出ではあるけれど。

今ではお父さんとかお母さんとかになっている友人もあの頃は可愛かったりしたのだ。
きっと私だって可愛かったのだろう。とか。

b0091248_012249.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-06-05 00:17 | 心から・・・

幸せの・・・

b0091248_22265475.jpg



昨日は古い友人とご飯を食べた。
やっぱり彼女たちと一緒だと心が和む。
そして、いろんな話をしているときに、「この年から新たに友達を作るのって難しい」という話になった。そう、私たちはもう30代。ここから初めて心をぶつけ合うのって難しい。でもぶつけ合ったり、馬鹿なことを語り合ったりしないと、心を裸にしないと本当の友達になるのって厳しいものがあるような気がする。

私たちが出会ったのは20代の初め頃だったので、いろんな、今から思えば「青いな」とつぶやいてしまうようなことを一所懸命語り合って、つむいできた友情だ。
だから、時々しか会わないけれど、率直にいろんなことを語り合える。
遠慮をしちゃうこともあるけれど、それも御愛嬌ってやつだ。

そんな人たちがいてくれるから、今私は立っていることが出来るような気がする。
ありがたいことだ。悪魔な自分も笑っちゃえるしさ。

そして今日。今日は彼とちょっとした散歩に出た。
風が気持ちよくて、心まで洗い流してくれるようだ。
ふとすると考えすぎてしまう私。でもその時は何も考えず、ただただ歩いた。

すると、シロツメクサが一面に生えているところに出た。
もう、花はちょっとしおれてしまってきていたけれど、葉っぱが濃い緑色できれいだ。
「小さい頃、よく四葉のクローバーを探したんだよね。一所懸命探すよりも何気なく見てた方が見つかったりするんだよね。」と言った私に、「そうなんだー」とつぶやいていた彼。

しばらくすると「あっ、あった。」と彼。
大きな四葉のクローバーを見つけてくれた。
そして、それを当然のように私にくれる。
うれしいなぁ。私はかばんの中にあった紙でそれを挟んでお財布にしまった。

ね、大きいでしょ?
なんだか幸せな気分になったのだった。
[PR]
# by norinorigami | 2007-06-03 22:26 | できごと
b0091248_2292941.jpg


今日は夕方からかなり激しい雷を伴った雨になった。
最近、いい天気が続いていたので、もう梅雨?と疑いたくなる。
ちょっと前に撮った、写真。かなりきれいに咲いていたので撮ってみた。

ところで、この花は“さつき”?それとも“つつじ”?
ふとそんな疑問がわいてきたので、検索してみた。

すると同じような疑問を持った方が大勢いたようで、すぐにわかった。

“つつじ”はツツジ科に属する全ての花木の総称のようで、実は“さつき”は「さつきつつじ」という“つつじ”に属する花だったのだ。

ちょっと安心したり、別のものだと思っていた自分にびっくりしたり。

でもこれで堂々と「この写真はつつじです」と言うことが出来る。

つつじというと、私は小学生のころのことを思い出す。
当時、貧乏だったからか、周りが自然だらけだったからか、私たちの遊びの中には植物があった。

例えば、タンポポ。黄色い花は、“くびちょんぱ”をして風車のようにしたり、綿毛は飛ばして遊んだり。(耳の穴はふさいでね。耳に入ると大変だよ!)
近所の庭を囲っている葉っぱは、摘み取って丸くすると笛になった。

オシロイバナは、花が散って実がなるとその実から白い粉が取れた。

近所の桑畑では(私の住んでいるところは昔“おかいこ所”だったらしい。○○音頭になってるから。)学校では「消毒してるからそのまま食べてはいけませんよ」と言われていた“桑の実”が。
これが甘酸っぱくておいしかんたんだなぁ。

そんな私が興味津々だったのが、“つつじの蜜”。
つつじの花を摘んで、その根元を摘んで吸うと甘い蜜を吸える。
嬉しい。あの頃、甘いものに飢えていたのか?

でもあの甘さは、現在の何かで埋めることは出来ないのだ。
天然ってやつ?
[PR]
# by norinorigami | 2007-05-31 22:09 | 気になる

癒されるイタリアン

リストランテ・パラディーゾ
オノ ナツメ / / 太田出版

LA QUINTA CAMERA~5番目の部屋
オノ ナツメ / / 小学館






久々にKさんから借りた本の紹介。
私はこの「オノ・ナツメ」という人を知らなかったけれど、借りて読んでみた。
「リストランテ・パラディーゾ」の帯にはあの羽海野チカさんが「真剣に好きです」とコメントを書いている。ちょっとワクワクする。

どちらともイタリアが舞台の話。
でも絵がちょっと違う感じがする。同じ作者なのにね。

読んでいくと癒される。
なんだかイタリア人ってただただ陽気な人々なのかと想像してしまうけれど、そんなことはない。という当たり前のことにハッとする。

ここに出てくる人物たちは、皆悩んだり、繊細だったり・・・。
そう、そういう根底があるから“あの”明るさが出るのかな?と。

癒されてみたい方、お勧めですよ。
[PR]
# by norinorigami | 2007-05-29 22:45 | my book

おいしいやわらかさ

この間の投稿に私の周りの人も心配になってしまったらしく、申し訳ない思いでいっぱいです。
最近は気にしないようにして、心の悪魔がいなくなったような気がします。
困ったよなぁ、と思っても、こいつだから仕方ないと思うようになったというか、「本当にわかってない」と思いつつ、かわいそうだなぁと思えるようになりましたm(__)m

さて、そんな私を癒してくれるおやつ。
それがフルーティナビ。半生なドライフルーツ。
りんごとマンゴーと新製品のパイナップル。

b0091248_038861.jpg


特にお勧めなのは「りんご」。もちろん、マンゴーもおいしいし、パイナップルも。
でも、この「りんご」は初めての感動だったのだ。

私のドライフルーツに関しての印象は「甘い」「砂糖がザラザラしている」「パサパサしている」というものだった。しかしこれは違う。「しっとり」していて、「甘」過ぎず、さくさくと食べれるのだ。

今日は初めて「パイナップル」を食べてみたのだけれど、生のフルーツが解凍されていくような感覚。ジューシーでおいしい。

ぜひ食べてみてくださいな。おいしくて、人にも教えたくなっちゃいますよ。
[PR]
# by norinorigami | 2007-05-18 00:43 | おすすめ

最近

最近、私の心の中には悪魔が住んでいる。
一緒に仕事をしている人が、どうしょもない人なので悪態をついてしまうのだ。

とにかくコミュニケーションをとるのが難しい。
一緒にいて、イライラしてしまう。

私は出来れば幸せな気分で仕事をしたい。
朝はそう思って出勤するのだ。
でも・・・出勤してそいつを見ると、その気持ちが揺らいでしまう。

そんな最近。
今日は久しぶりの友達と電話で話した。
電話をした私に「電話をくれて嬉しい」と心底喜んでくれている様子。
そして、たわいもない話をしていた。

その間は自分の心の中から悪魔が出て行ったみたいだった。

この人に優しくしたい!その気持ちだけだった。
そんな時間を過ごせたお陰で、今日のイライラが吹っ飛んだ。

明日はあいつに優しくできるだろうか?

b0091248_035096.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-05-16 00:15 | 心から・・・

母の日

明日は母の日だ。
今日はいろいろの用事のさなか、彼が母のためにプレゼントを買っていてくれた。
私もプレゼントをしたくなって、プレゼントを買ってみた。

夜になって帰ると、彼からのプレゼントと、私のプレゼントを渡してみた。
どちらとも、喜んでくれて早速使ってくれる様子。

彼からのプレゼントは「エプロン」
そして、私からのプレゼントは「鍋つかみ」。
実は、かなり前、父が鍋の蓋に置いたまま火にかけて燃えてしまったので、我が家には「鍋つかみ」が無くなってしまっていたのだ。

疲れて寝転んでいた母は「あぁ、自分で作ろうと思っていたんだけれど、なかなか作れなくって、でも買うのはしゃくだったから嬉しい!」と。
エプロンにも「かわいいじゃない。使わせてもらうね。」
と言った後は、いろんなことを話しかけてくる。

私の夕食用にとってあったおかずを妹の飼っている犬が食べてしまったこと、甥っ子が来て起こった様々なこと・・・などなど。

「花ちゃん(犬の名前)が食べちゃったのよ・・・。本当にごめんね。」

私が渡したプレゼントより何より、私の食事のことをとにかく心配してくれる。
ありがたいなぁと思うとちょっと涙が出た。
そして明日の朝は「いつも、ありがとう!」とちゃんといいたいな。

b0091248_23182597.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-05-12 23:19 | できごと

大変だなぁ

実は引越しを考えている。
人生で初めての引越し。

物件をネットで調べたり、不動産屋さんに行って聞いてみたり。
よい物件にあたっても、もっといいものが見つかったらどうしようとか変な気持ちが沸き起こったり、新しい生活を想像してワクワクしたり・・・。複雑だったりする。

でも決断はしなくちゃいけないから、その時の思い切りを持ちたいなぁとは思う。

そして、不動産屋さんの人は、なんとなく百戦錬磨的な人が多いような気がした。
ちょっと胡散臭い人もいるし。
だまされないようにしないといけないなぁとか。

いい加減、社会人としてしっかり勉強しないと、これからの人生ちゃんと生きていけないよな、とか思ったり。

楽しいこと、迷っちゃうこと、悩んじゃうこと。
どれか一つではなくてまぜこぜになっちゃうものだな。
b0091248_23133765.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-05-08 23:14 | できごと
天気のいいゴールデンウィークが続いている。
命の洗濯とはよく言ったもので、日常と離れていつもはできないことをやったり、これからのことをゆっくり考えたり話したり。

日常のごたごたでちょっと汚れたようになっている心も白くなっていくような気がしてくる。

さて、昨日用事があって横浜にいってきた。
用事が終わった後は、元町をブラブラしたり、港の見える丘公園に行ってみたりした。

家族連れが多く見える中でプラプラ歩いていくとのんびりした気持ちになる。
外人墓地を横に見て歩いていく。墓地って日本のものであれ、外国のものであれちょっと明るい気分で見れるものではないなぁ。

坂道をあがり、やっとついたのが港の見える丘公園。
たくさんの人が集まっている。
ベイブリッジも近くに見えて、風も気持ちいい。
しかし、私の目に釘付けになったのはこれ。b0091248_1243074.jpg
どうやら、クミを愛しているらしい。きれいな白い柱にくっきりと書いてあるものだから、思わず撮ってしまった。
そうかそうか。愛しているのか。でもそんな気持ちをここに残さなきゃいけなかったの?
せっかくきれいな白い柱なのに。

この人は今でも「クミ」と仲良く出来ているのだろうか?
とかふと考えつつ、自分ではしないことを他人がするのってちょっと嫌な気持ちがするなぁと思ったり、またその逆もあったりするんだろうなぁと思ったり。

でもあとちょっとゴールデンウィークは残っているから、そんなことを考えるよりもうちょっと楽しもうかなと思った。
[PR]
# by norinorigami | 2007-05-05 12:09 | できごと

本屋さん

今日は初めて「カンブリア宮殿」を見た。

たまたまだったけれど、どうやら企業の成功者を招いて話を聞く番組らしい。
村上龍と小池栄子が出演している。

ちょっと見てみようと思ったのは、ジュンク堂の社長さんが出ていたから。
私は田舎に住んでいるので、ジュンク堂を長い事知らなかったのだけれど、たまたま友人と新宿で会ったときに、知った。

行って、わくわくする本屋さんだった。
だから気になった。

途中からではあったけれど、見ているうちに夢中になった。
明日にでも行きたい!ただの本屋じゃなくて、「ジュンク堂」に行きたい!
そのくらい魅力的な社長さんだった。

まず、力が抜けている感じがよかった。力んでいない人って見ていて和む。
そして、とっても自由な感じがした。
だって、お店に椅子やテーブルを置いたのは、「お客さんに聞いたらおいて欲しいっていったから。」なんか“狙う”っていうことから程遠い。でもお客さんのして欲しいことを忠実にしてきたからお客さんが喜んで通ってくれるのだ。

かなりの放任主義的な経営をしている彼はVTRの中でお店を回って、「こんなん、誰が買うんですかねぇ」とか社員が仕入れた本にびっくりしている。
専門書を多く扱うジュンク堂は、文芸なら文芸の担当者、理工系なら理工系の担当者がその棚の権限を握っている。
仕入れも、並べ方もその人にかかっている。
そこの店長さんも口出しを出来ないそうだ。

その中にカリスマ店員という「田口さん」がいた。
彼女は、さまざまなフロアのことも認識していてまさに“生き字引”だ。
村上龍が「生きてるGoogleみたいですね」というくらい、彼女に本のことを聞くと、すんなり答えが返ってくる。かっこいい!しかも本まで出してしまったみたいだ。

そんな彼女もスタジオに来て話をしてくれる。
「一人一人の社員に棚がまかせてあるようですけど、売れなかったら誰が責任を取るんですか?」という質問に「誰も取らないなぁ」と田口さんに話しかける社長。
なんて自由で、でも自分というものをしっかり持たないと出来ない職場なんだろう!

視聴者からの質問に対する答も面白かった。
息子が漫画ばっかり読んでいて本を読まない。本好きにするにはどうすればいいか?
という質問に「大丈夫です。僕もそうでしたから。漫画を読み続けていったら、カリスマ店員になりますし」
そう、本って無理やり読むものじゃない。読みたくて読んだり、興味を持って読んだり、他人から求められて読むものではなくて、自分から求めるものだと思う。だから、時期が来たら、必要に迫られたら自分から絶対読むんだ。

そんな自由そうな彼の成功の条件を聞いて、はっとした。
「決められた寿命を全うすること。まっとうに全うすること。」
愚直に自分の人生を生ききることだという。
田口さんも「基本的なことをやる」というようなことを言っていて、二人とも自分に出来ることを一所懸命やり続けることが大事だと言っているみたいだ。

当たり前だけどそれって難しい。でもそれを自分がやっているから社員を信頼できるんだろうなぁ。

昔はもっと本好きだった私。
本に埋もれてみたい感じがした。

b0091248_05397.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-05-01 00:08 | 気になる