大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

少年の心、少女の気持ち

旅行に行く前にとっても観たいと思っていた映画を見に行った。
それは、「遠くの空に消えた」。

最近、神木隆之介や大後寿々花などの大人になりかけの演技上手な子役が気になっていたので、今まで自分が見たことのある彼らとは違うものを見に行きたくなったのだ。

映画が始まると、なんだか拍子抜けした。
なんて穏やかそうな話なんだろう。
この調子でずっと続くのかな?寝ちゃうかも。
とか思いながら観ていた私は、途中から画面に釘付けになり、最後のほうには不覚にも涙を流してしまっていた。監督にやられた。

もちろん、神木くんは上手だし、存在感もあって、現在出ているテレビドラマよりもちょっと前に撮ったからか、少年ぽさがもっと残っていて、きれいだった。大後寿々花も。
けれどそれ以上に私の心に飛び込んできたのがもう1人の主人公といってもいい、「ささの友間」。
あの武士の一分に出ていた笹野高史(名前あってるかな?)の息子らしい。
本当に素朴な田舎の子そのもので、都会から来たきれいな神木君とは対照的でありながら、彼にしか出せない“味”を出している気がした。

あと、長塚圭史がすごかった。最初はちょっと気持ち悪いと思ったりしたけれど、なんともいえないピュアさを滲み出させていた。
他の出演者もよかった。

チャン・チェンという人は出てきた意味がちょっとわからなかったけれど・・・・。

特にお気に入りのシーンは、ずっと家を空けたまま帰ってきていなかった公平(ささの)の父親(小日向文世)が突然帰ってきたときの話。
彼は絶滅に瀕している動物を救うために旅に出ていたという。そして、少年二人に向かってこう言う。
「知ってるかい?蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造じゃないらしいんだ。なのに、実際は飛んでいるだろう。何故だと思う?蜂は飛ぼうと思ったから飛べたんだ。信じることで願いが叶う、人はそれを奇跡と呼ぶんだ。」と語りかけるシーン。

何だか頼りなさそうで、どうしようもなさそうに見えた父親がかっこよく見える。

そうか。飛ぼうと思ったから飛べたのか。本当かどうかは知らないけれど、私も二人の少年と一緒になって説得された気になった。

ピュアな話だった。忘れてしまった気持ちを思い出したような気がした。
大人になってくると、「信じる」という気持ちが弱くなってしまう気がする。
「信じること」「信じ続けること」それが本当にできたときに、やっぱり願いは叶うのかもと思ったりした。

b0091248_23502245.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-09-10 23:52 | 心から・・・

石垣島の思い出1

実は、このたび結婚した。
その新婚旅行で石垣島に行くことになったのだ。ハネムーンってやつ。

ウキウキの旅になるかと思っていたら、旅立つ1週間前から左後頭部がズキンズキンと痛み出した。私は頭痛もちではないので、こんな痛みを経験したのは初めて。
しかも、頭痛薬を飲んでも薬が効いている間は辛うじて痛みが治まっているが、何日たっても薬が切れたら痛み出すという症状は変わらない。

頭のどこかに異常があったらどうしようかと思い、脳神経外科へ行ってみた。
すると、脳には何も異常がなく、「緊張痛ですね。」という診断がくだった。
(緊張痛????)何かと思っていたら、緊張が続いたりして肩がはったりする筋肉の緊張からその筋肉をもどそうとする動きによって、その頭痛は起こるらしい。

もともと肩こりがひどい私は拍子抜けした。肩こりなんてずっと前からだよ!なんで今頃?
まぁ慣れない毎日を送っているのだから、自分でも気がつかないうちに、いろいろ気を使ってしまっていたのだろう。

まぁ、原因も分かったことだし、頭痛というよりは肩こりのためのシップなどをもらって、様子を見ることにした。


そんなこんなで出発した石垣島。台風が来るのではないかと心配したが、ずーっと天気には恵まれた。
前置きが長くなってしまったけれど、ここから、何枚かの写真とともに思い出を書いていきたい。


b0091248_115550.jpg
まずは、那覇空港に着いたときの写真。
ニュースで観ていた燃えた飛行機がまだ残っていた。
私たちの乗る飛行機はこうなりませんように・・・。と密かに祈ってしまいたくなる。




b0091248_134014.jpg
石垣への飛行機まで時間があったので、軽くお昼を食べることにした。私はゴーヤ饅というものがとても気になったので食べてみることにした。
形もちょっと妙だ。
食べてみると、普通の肉まんにゴーヤの苦味が混じっている感じ。
体に良さそうと単純に感じてしまう。


b0091248_154736.jpg
ホテルにチェックインしてから、早速レンタカーで外出。
美容師さんに薦められた「白保の海」に行ってみる。
ここは海水浴には向かないようだけれど、海がとってもきれいだ。
何人かの人がもぐっている。風に吹かれながら心がゆっくり解きほぐされるのを感じる。

b0091248_1752100.jpg
本当はグラスボートに乗りたかったのだけれど、何も調べてこなかったので、近くでのんびりしている「おじー」にグラスボートのことを聞いてみたところ、予約しないと厳しいのではないか?と言われたのであきらめた。
でも、海にはほとんど人がいなくって、この自然を満喫できる。
やはり、南の島って癒されるなぁ。


つづく・・・・
[PR]
# by norinorigami | 2007-09-10 01:11 | できごと

帰ってきました。

b0091248_14262252.jpg

石垣島への旅はあっという間でした。写真は沖縄に戻ってきたときに虹が綺麗だったので載せてみました。随時ご報告していきたいと思います。
[PR]
# by norinorigami | 2007-09-02 14:26 | できごと

サラサラ 無造作

一昨日、今まで伸ばしていた髪を切ろうと美容院へ行った。
ちょっと前に引っ越したので、自分の住んでいるところの近くで新たに探すか、それとも職場の近くで探すか悩んだ挙句、職場の近くにある美容院へ行くことにした。

その名も「mod's hair」。そう、無造作ヘアで有名なチェーン店である。

どちらかというと、おしゃれなどに疎くて、そういうところに入っていくのが苦手な私ではあったが、勇気を出して入ってみた。だってそのために定時であがったんだからさ。

入っていくと店内は広々として、整然としている。
予約などしていないことを伝え、私の担当についてくれる人を待つ。

すると、「担当させていただきます○○です。」と名刺を持った、かなりのイケメン(死語か?)が目の前に現れた。
そして、髪の状態やどうしたいかなどを聞いてくれて、決めていく。
丁寧に説明などをしてくれて、自分のイメージも伝えて、話し合いは満足できた。

服が汚れないようにと黒いガウンを着させられて、いよいよシャンプー。
ここにはシャンプーマシーンがあるらしい。
人の手で洗ってもらったほうが気持ちいいとは思ったが、ものの試しでマシーンで洗ってもらうことにした。

椅子に座り、寝かされると頭に何か機械のようなものをセットされる。
しばらくすると、細かいシャワーがジャーっと出て、私の頭をぬらしていく。
それが、なんだか体がザワーっとする感じなのだ。ゾワーって感じもする。
食器洗い機に入れられた、皿ってこんな思いをしているのだろうか?と思いつつ、そのザワー、ゾワーの時間が過ぎていき、洗いあがるとリンスは人の手でつけてくれ、洗い流すのも人がやってくれた。

次回は人に洗ってもらおう。


さて、カットに入る。イケメンが席で待っている。
私が今まで行っていた美容院は椅子が上下に移動するものだったけれど、ここは備え付け。
黒のシックな椅子だ。
そこに座り、いろんな話をしながら、切ってもらう。

私が来週から石垣島に行くことを告げると、イケメンは「石垣のことなら何でも聞いてください。」と石垣について様々語ってくれる。
話を聞いているうちに、なんだか楽しみになってきた。

重い髪の毛を切ってもらい、頭が軽くなってきたころ、ドライヤーをかける前に、クリームのようなものを付けてくれた。これはサロンでしか売っていなくって、サラサラになるし、UVケアもできるとのこと。
私はふと、職場のサムライのことを思い出した。
彼はサムライではあるが、おしゃれに気を使っているらしく、mod's hairが行きつけらしい。
そういえば、いつでも人をたたき切りそうなオーラを出しつつ、いつも髪はサラサラだ。

あぁ、ついに私もサムライの仲間になるのか。
とわけのわからないことを思いつつ、仕上げてもらった。
今まで、どうにもならなくておだんごにしたりしていた私の髪がしっとりサラサラになった。
仕上がりは、mod'sというよりなヴィダルサスーンな感じになったけれど・・・。

頭も軽くなったことだし、今年の夏を最後まで楽しみたい。

b0091248_12485074.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-08-25 12:49 | できごと

な、なんで?

今日は、いろんなところに外出したので、ちょびっと疲れてコンビニで冷たい飲み物を購入しようと出かけた。
だって、毎日ぐったりするような暑さ。どうなっちゃってるんだー。
水分を取らないと熱中症になっちゃうよ。

そこで、涼しいコンビニに入っていった。

そして、これ。
b0091248_2335034.jpg


最近、気に入っている。
さっぱりしているし、ボトルが薄い形なので持ちやすい。
それに「スリム」って響きだけでちょっとは痩せられるような気がするし。
こんなに暑いのに食欲はあんまり落ちないからさ。


さて、これを持ってレジに向かった私。
私の前にはちょっと変わった風のカップルが並んでいた。

そのカップルが会計のとき、彼女のお財布から1000円札が落ちたようだった。
しかし彼らはそれに気づいていないようだ。

そこで私が拾って彼女に「落ちてますよ」と渡した。すると
「よかったらどうぞ!○△※~」後半はよく聞き取れなかったけれど、どうやらいらないらしい。
でも、そんなこと言われて「あぁ、そうですか」とお財布に入れたりは出来ない。

だから「いえいえ・・・」と困っていたら、傍らにいた彼が「どうもすみません。」と受け取ってくれた。
な、なんで?ちょっとびっくりした。だって「あ、すみません」とか「ありがとうございます」とかの返事を期待していたから。無言で受け取ってくれたってむしろよかったかもしれない。
なのに「よかったらどうぞ」。そして、そう言った彼女の目はあさってのほうを向いているようだった。
失礼ながらちょっと怖くなったので、足早にコンビニを後にし、その二人を追い越して走って家まで帰ってみた。

いったい、あれはなんだったんだろう?
[PR]
# by norinorigami | 2007-08-14 23:14 | できごと

なんでだろう・・・

ちょっと今日は落ち込んでしまったので、大好きな三谷さんのDVDを観ることにした。

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション





これは、本来なら年末に観たりするといいと思うのだけれど、この暑い夏の夜に観てみた。
だって、これは12月31日のホテルで起こった話だから。
いろんなことが起こるんだけれど、カウントダウンの時には全てがうまくいっている話。
彼が私の誕生日にこの映画をプレゼントしてくれたので、映画では観ていたけれど、DVDには「コメンタリー」が付いている。三谷さんの解説を聞きながら観てみた。

映画自体、前作、前々作以上にうまく出来ていたし、役者さんもとてもよかった。
「あぁ、そうつながっていくのね!(うっとり)」みたいな感じで話も面白かったし、映像もきれいだった。


それ以上に「コメンタリー」を聞きながらだと、工夫したところとか、苦労したところとか、知らずに観ていたところの裏側を見れたようで楽しかった。
それに、撮影したのは夏だということを聞いて、まぁ、今見るのも悪くないかもと思ったりした。


そして、三谷さんの声を聞いていると自然と癒される。
大丈夫だよと言われている気がする。
そんなこと御本人は思っていないだろうけど。

声を聞いただけで、涙が出たり、温かい気持ちになったり・・・不思議だなぁ。
触れるだけでも温かくなったり、逆に触れられない状況に寂しくなったり。
人間の感情は難しいなぁ。

明日はもうちょっと明るく前向きにいきたいな!


このDVDはお勧めですよ!三谷作品が苦手だった友人も面白かったって言ってましたから。
今年の年末はこれを観て、映画と一緒にカウントダウンしようかな?
[PR]
# by norinorigami | 2007-08-05 01:20 | 心から・・・

小さな甥っ子海へ行く

八月になったので、スキンを変えてみました。

それにしても、本当に梅雨は明けたのか?じめじめしている気がする。
暑いだけならまだしも、このじめじめにやられそうな毎日だ。

あぁ、水に飛び込んでしまいたい!そんな私を置いて、甥っ子が妹夫婦とおじいちゃん夫婦、つまり私の両親と一緒に海に行ったらしい。

帰ってきた母がまた例のごとく機関銃のように話しまくる。

去年もこの顔ぶれで海水浴&温泉に行ったのだけれど、甥っ子は海に(水に?)浸かるのがとても嫌だったようで写真は複雑な顔をしたものばかりだった。

そして、今年。彼は成長していた。
まず、海に入るのを喜び、いつまでも遊んでいたという。
「まだ、もうちょっと!」と言う甥っ子の唇は紫になっていて、大人たちは彼の思いとは反対にすばやく海から離れたそうだ。
そしてその後温泉にドボンっと浸からせ、体を温めてから寝る体制になったのだ。

しかし、彼は興奮状態だったのか「パパ、ママ」と何度も暗い部屋の中を呟く。
それにちっとも応える気力もない「パパ」と「ママ」。
仕方ないので「ばあちゃん」が起き出して何が言いたいのかを聞く。
するとどうやら外に行きたいらしい。

孫を連れた母は温泉街をいろいろ語りかけながら歩いたという。
「ほら、お月様。きれいだね。バイバイって言ってるよ。」「バイバイ」
「ほらお星様もバイバイって言ってるよ」「バイバイ」

何となく満足したかのようだったので、部屋に戻り、布団にもぐってしばらくすると・・・
「パパ、ママ」
それには応えない熟睡の「パパ」と「ママ」

また仕方なく母が「どうしたの?」と聞くと「ね、もう1回!」
何のことかと思ったら、もう一度散歩をしたいらしい。
(やれやれ、もう1回か)とは思ったが、前述と同じやりとりを繰り返し、再び宿に戻った。

しばらくするとまた「ママ」。
しかし、今度は「足、痛い」。
さすがの「ママ」も少し起きたのか、足をさすりつつ「痛いの痛いの飛んでけーっ!」
寝ぼけながらも必死で叫ぶ。
そんな母親の思いを知ってか知らずか、「痛いの飛んでかない。」と甥っ子。

そのやり取りを繰り返しているうちにやっと寝たという。

楽しかったですか?ゆいさん、海って大きいよね。でも君には目の前の水しかまだ見えてないかもしれない。もうちょっと大きくなったら、その大きさや波の音の心地よさとか、いろんなことが見えてくるよ。楽しみだね。


とか言いながら、夏の海には20年近く行っていない私。
今年は石垣島に行く。
水着になるのは抵抗がある体つきではあるが、甥っ子に負けないように唇が紫になるまで遊んでみるのもいいかも思っている。


台風が来ませんように。

b0091248_2281092.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-08-02 22:08 | できごと

なかなか美味しい

b0091248_20493755.jpg

最近これにハマっている。トロピカーナの果実酢。皆さんはトロピカーナのミックスジュースを飲んだことがあるだろうか?それを元に酢を作った感じ。かなり甘いのだけれど、酢がツンとこなくて(それについては特許出願中らしい)美味しい。何よりもお酢って体にいい感じがする。
お酢で思い出すのが小学生の頃。体操を習っていた私は体を柔らかくしたくて毎日お酢をとっていた。酢の物や、リンゴ酢を飲んだり。酢に漬けると食べ物が柔らかくなるので、自分の体も柔らかくなると信じていた。
最近、お酢を飲んだからといって、体が柔らかくなることは無いということを知ったのだけれど。
[PR]
# by norinorigami | 2007-07-27 20:49 | できごと
キッドナップ・ツアー
角田 光代 / / 新潮社





以前、友人から彼女の作品を借りて、何だか引き込まれた作家だった。
実は新潮文庫の100冊の中で2冊を買うと「アロハブックカバー」がもれなく当たるってことで、(ハイビスカスとYonda?なるパンダのコラボレーションが可愛いのだ)どうせなら彼女のものを読んでみようと思って買ったものだ。

主人公は小学生の女の子。そこのが、離婚して一緒には暮らしていないお父さんに「誘拐」される。
ちょっと奇妙な話なのだけれど、この頃の女の子が父親に感じるイライラや情けなさみたいなものがうなずけた。

今なら分かってあげられるようなことも、「恥ずかしい」と思ってしまっていた。

でもこの作品のお父さんは、最後に本当に大切なことを主人公に伝えることが出来た。
そして、彼女もそれをちゃんと受け取っている。

そんな関係が素敵だなって思った。
[PR]
# by norinorigami | 2007-07-23 23:01 | my book

結婚式

今日は小学校からの友達の結婚式に行ってきた。
天井の高い素敵な式場だった。

3日前から高熱を出していた新婦の彼女は全然そんなことを感じさせず、笑顔でいた。
彼女のそんな姿に、小学校からの友トリオは親のような気持ちでいたりして。

彼女は2年前にお父さんを亡くしていたから、バージンロードはお父さんの弟さん。
本当だったら、彼女の隣はお父さんだったのにな。とふと思って寂しくなったり。

でも、披露宴は大きなバルーンから新郎新婦が出てきたり、おいしい料理が出てきたり、終始楽しい思いが一杯になった。

最後に思い出の写真と共にエンドロールのような感じで、出席者の名前が並んだ。
彼女の家族の出席者の中にはお父さんの名前があった。
それを見たとたん、号泣してしまった私。そして、この楽しかった披露宴は、お父さんが一緒にいてくれたからだろうな、と思った。

幸せになってね。

b0091248_2131220.jpg

[PR]
# by norinorigami | 2007-07-21 21:31 | できごと