大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

関西弁の神様

あまり本を読まない夫が、本を買ってきた。

夢をかなえるゾウ
水野敬也 / / 飛鳥新社

なんだが気になって、夫が読むよりも先に私が読んでしまった。

インドのゾウの姿をした神様「ガネーシャ」が一人の若者に夢をかなえるための方法を教えていく話。そう書くと、ちょっと説教くさい話かと思いきや、この神様、どうしようもなく、面白いゾウなのである。まず、関西弁をしゃべる。インドの神様なのにね。そのあたりから、関西弁好きな私の心はくすぐられてしまう。
そして、わがまま。神様って、自分よりも人を助けたいっていうイメージだったけれど、カネーシャはそんなことはない。自分が食べたいものを要求し、遊園地に行きたければ、言葉巧みに誘って行くし、とにかく自由なのだ。
でも、そんな彼が言うと、夢をかなえる方法も何かのハウツー本とかを読むよりもすんなり入ってきて、ここちよい。

何より、ガネーシャの笑いのセンスが大好きだ。

ちょっと自分に疲れている人におすすめかも。
[PR]
by norinorigami | 2008-05-25 00:01 | my book
もう、どんだけここに来ていなかったんだろう。
あまりにも、間が空きすぎて、ここに来ることすら怖くなってしまったりして・・・。

とは言え、私は毎日を淡々と生きていて、面白いことを見つけたり、楽しんだり、時には憂鬱になったり、とあいも変わらずといった感じである。

そんな私が、最近はまっている番組が「2クール」。土曜日の夜中にやっている。
正確には日付は日曜日になっているんだけど。

小林聡美ともたいまさこの二人が、焚き火をやったり、店番をしたり、時には短いドラマをやったりしている。本当に短い番組なのだ。

そのなかで、前回は「飯島奈美」という女性が出てきて、さとちゃんやもたいさんとお弁当を作っていた。飯島さんという人はとても穏やかそうで、いかにも「おいしいもの」を作りそうな雰囲気を持っていた。

「なみちゃん、おにぎりは普通のサイズにしてください。」さとちゃんが言う。
「はい」
「なみちゃんのおにぎりは大きいから。」

説明は全然ないのだけど、ちょっとした会話から、「かもめ食堂」の料理を作ってた人じゃないかと想像できた。

そして、出来上がったお弁当は本当においしそうで、私は彼女のことが気になって仕方なくなった。そして、検索!
やはり、「かもめ食堂」「めがね」などのフードコーディネートをやった人だった。
この両方とも、出てくる食べ物が本当においしそうだった。
そして、ただおいしそうというだけじゃなく、“慈しみ”を感じた。食べ物に対するね。

あぁ、私もおいしいものを作れる人になりたい。
食べた人がちょっと幸せな気分になれるような。・・・・・・・・・・・・・・・・むずかしいけど。

よろしければ、「2クール」クリックしてみてください。ホームページでは、今までの映像が見れます。そして、エンディングの二人のダンスがいいんだよ。
[PR]
by norinorigami | 2008-05-19 23:18 | 気になる