大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

少年の心、少女の気持ち

旅行に行く前にとっても観たいと思っていた映画を見に行った。
それは、「遠くの空に消えた」。

最近、神木隆之介や大後寿々花などの大人になりかけの演技上手な子役が気になっていたので、今まで自分が見たことのある彼らとは違うものを見に行きたくなったのだ。

映画が始まると、なんだか拍子抜けした。
なんて穏やかそうな話なんだろう。
この調子でずっと続くのかな?寝ちゃうかも。
とか思いながら観ていた私は、途中から画面に釘付けになり、最後のほうには不覚にも涙を流してしまっていた。監督にやられた。

もちろん、神木くんは上手だし、存在感もあって、現在出ているテレビドラマよりもちょっと前に撮ったからか、少年ぽさがもっと残っていて、きれいだった。大後寿々花も。
けれどそれ以上に私の心に飛び込んできたのがもう1人の主人公といってもいい、「ささの友間」。
あの武士の一分に出ていた笹野高史(名前あってるかな?)の息子らしい。
本当に素朴な田舎の子そのもので、都会から来たきれいな神木君とは対照的でありながら、彼にしか出せない“味”を出している気がした。

あと、長塚圭史がすごかった。最初はちょっと気持ち悪いと思ったりしたけれど、なんともいえないピュアさを滲み出させていた。
他の出演者もよかった。

チャン・チェンという人は出てきた意味がちょっとわからなかったけれど・・・・。

特にお気に入りのシーンは、ずっと家を空けたまま帰ってきていなかった公平(ささの)の父親(小日向文世)が突然帰ってきたときの話。
彼は絶滅に瀕している動物を救うために旅に出ていたという。そして、少年二人に向かってこう言う。
「知ってるかい?蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造じゃないらしいんだ。なのに、実際は飛んでいるだろう。何故だと思う?蜂は飛ぼうと思ったから飛べたんだ。信じることで願いが叶う、人はそれを奇跡と呼ぶんだ。」と語りかけるシーン。

何だか頼りなさそうで、どうしようもなさそうに見えた父親がかっこよく見える。

そうか。飛ぼうと思ったから飛べたのか。本当かどうかは知らないけれど、私も二人の少年と一緒になって説得された気になった。

ピュアな話だった。忘れてしまった気持ちを思い出したような気がした。
大人になってくると、「信じる」という気持ちが弱くなってしまう気がする。
「信じること」「信じ続けること」それが本当にできたときに、やっぱり願いは叶うのかもと思ったりした。

b0091248_23502245.jpg

[PR]
by norinorigami | 2007-09-10 23:52 | 心から・・・

石垣島の思い出1

実は、このたび結婚した。
その新婚旅行で石垣島に行くことになったのだ。ハネムーンってやつ。

ウキウキの旅になるかと思っていたら、旅立つ1週間前から左後頭部がズキンズキンと痛み出した。私は頭痛もちではないので、こんな痛みを経験したのは初めて。
しかも、頭痛薬を飲んでも薬が効いている間は辛うじて痛みが治まっているが、何日たっても薬が切れたら痛み出すという症状は変わらない。

頭のどこかに異常があったらどうしようかと思い、脳神経外科へ行ってみた。
すると、脳には何も異常がなく、「緊張痛ですね。」という診断がくだった。
(緊張痛????)何かと思っていたら、緊張が続いたりして肩がはったりする筋肉の緊張からその筋肉をもどそうとする動きによって、その頭痛は起こるらしい。

もともと肩こりがひどい私は拍子抜けした。肩こりなんてずっと前からだよ!なんで今頃?
まぁ慣れない毎日を送っているのだから、自分でも気がつかないうちに、いろいろ気を使ってしまっていたのだろう。

まぁ、原因も分かったことだし、頭痛というよりは肩こりのためのシップなどをもらって、様子を見ることにした。


そんなこんなで出発した石垣島。台風が来るのではないかと心配したが、ずーっと天気には恵まれた。
前置きが長くなってしまったけれど、ここから、何枚かの写真とともに思い出を書いていきたい。


b0091248_115550.jpg
まずは、那覇空港に着いたときの写真。
ニュースで観ていた燃えた飛行機がまだ残っていた。
私たちの乗る飛行機はこうなりませんように・・・。と密かに祈ってしまいたくなる。




b0091248_134014.jpg
石垣への飛行機まで時間があったので、軽くお昼を食べることにした。私はゴーヤ饅というものがとても気になったので食べてみることにした。
形もちょっと妙だ。
食べてみると、普通の肉まんにゴーヤの苦味が混じっている感じ。
体に良さそうと単純に感じてしまう。


b0091248_154736.jpg
ホテルにチェックインしてから、早速レンタカーで外出。
美容師さんに薦められた「白保の海」に行ってみる。
ここは海水浴には向かないようだけれど、海がとってもきれいだ。
何人かの人がもぐっている。風に吹かれながら心がゆっくり解きほぐされるのを感じる。

b0091248_1752100.jpg
本当はグラスボートに乗りたかったのだけれど、何も調べてこなかったので、近くでのんびりしている「おじー」にグラスボートのことを聞いてみたところ、予約しないと厳しいのではないか?と言われたのであきらめた。
でも、海にはほとんど人がいなくって、この自然を満喫できる。
やはり、南の島って癒されるなぁ。


つづく・・・・
[PR]
by norinorigami | 2007-09-10 01:11 | できごと

帰ってきました。

b0091248_14262252.jpg

石垣島への旅はあっという間でした。写真は沖縄に戻ってきたときに虹が綺麗だったので載せてみました。随時ご報告していきたいと思います。
[PR]
by norinorigami | 2007-09-02 14:26 | できごと