大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー

<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いよいよ8月も終わり。すっかり夏休み気分も払拭しなければ。
でも、今週月曜日に復活するまでは夏休みにどっぷりしていた私は、なかなか元に戻るのが難しい。(世間のみなさん、ごめんなさい)

ところで私は、現在の職場で派遣社員として働いている。
派遣で働くのは初めての経験なので、いろいろわからない事や慣れない事も多かった。
もう、3年以上経つので慣れなければいけないのだけれど、まだ戸惑うこともある。

それは、派遣会社の営業の人。結構その顔ぶれは変わる。
そしてその度に、仕事の内容から何から伝えなおさなくてはいけない。
(引継ぎとかしないのかよ!)とかちょっとイラっとすることも多い。

今の営業の人はもう1年以上担当してもらっているのだけれど、なかなかこちらの事情を把握してくれない。
今週の月曜日も唐突に職場までやってきた。
私の部署は仕事柄お昼休みが11時30分から。それなのに彼がここへやってくるのは11時30分だという。
それを人事の部署の方からお電話で教えてもらったので、もう一人同じ派遣会社から派遣されている人にも伝えた。

「契約書にもお昼が11時30分からだって書いてあるのに、何でその時間をねらってくるかね?」とその方がいう。
すると、「その営業の人、二人が休みを取っている時にも『今日二人に会いに伺いたい』って電話してきたから『お休みを取ってますよ』って伝えたんだけれど、ちゃんと休暇届出してるんだよね?ちょっとおかしいね。」と社員のSさんが言う。

私たち派遣シスターズは「休暇申請してるのになんで?そういうのちょっとチェックすればわかることなのに・・・何のために申請してるの?信用問題だよね!」
とプリプリしてブツブツ言っていた。

そして、いつもはお昼に行く時間も自分の席で仕事をしながら営業の人を待っていた。しかし時間になっても来ない。何の連絡もなく、約束の時間から15分ほど経ってからやっと彼が来たという連絡がきた。(何か言ってやろう!)ちょっと勇ましい気持ちで応接室へと向かう。

でも・・・・彼の顔を見て、話をしているうちに何も言いたくなくなってしまった。
遅れたことを詫びる態度も見せず、ニコニコと他愛も無い話をし続ける彼。
げんなりして早々にその場所を後にした。

部署に戻ると派遣シスターズの相棒が待っていた。「どうだった?」
私はしゅんとしながら、「結局彼に会った途端何も言う気になれなくなりました。」と報告した。
「まぁ、わかるけどね・・・。でも私ははっきり言ってくるよ。おかしいことはおかしいって。」
私なんかよりも堂々とした感じで彼女は応接室へと向かっていく。

私は先にお昼にさせてもらい、戻ってから彼女から話を聞いた。
「言ってやったよ。休暇の申請をしている時に職場に電話をかけてくるのはどういうことか?契約の内容をしっかり見てもらえばわかるけれど、あなたが来たこの時間はお昼休みなんだってことも!」
「で、彼はどうでしたか?」
「全然、悪かったって感じじゃないの。で、言い訳ばかりしてた。でもね、彼の居ないところでグチグチ言ってても何も変わらないでしょ?言っていかなきゃ。」

その通りだと思った。思ったことをきちんと口にしないと何も伝えられない。
臆病になっていると思った。面倒なことはやだなと思ったのだ。
彼女の凛々しい顔を見ていて、あぁ、芯が通ってるなって思い、自分でなりたくないと思っている陰で愚痴を言う人間に自分がなっていたことに気がついた。

次回は負けないぞ!ちゃんと意見があるなら正面から言っていこう!

b0091248_2322673.gif

[PR]
by norinorigami | 2006-08-31 23:24 | できごと

小さい子

b0091248_22221976.jpg


甥っ子が熱を出した。一昨日からひどかったらしいのだけれど、昨日の夜中にはひきつけをおこして白目をむいてしまったという。心配した妹夫婦は救急車を呼んで対応したらしい。
ちょっと心配だったので見に行った。
すっかり元気になっているようだけれど、私を見ると相変わらず泣く。

しばらくすればいつもは大丈夫なのに、あんまり仲良くできなかった。
具合が悪い時は大人でも辛いものだ。しかもまだ言葉もしゃべれないのだから、泣くということでしか何かを伝えることができないのはきっと歯がゆいに違いない。

実は私も小さい頃熱をよく出した。扁桃腺をはらして、夜中に病院に担ぎ込まれたこともたくさんあったらしい。
近所の病院では院長が夜中だと「診れない!」といって開けてくれないので、ちょっと遠くまで連れて行ってくれていた。そこの先生は野口英世のような風貌の人でふさふさの髪、ふさふさの髭をしていた。

初めて私を連れて行ったときには夜中にもかかわらず扉を開けてくれて、診てくれたとたん、「何でもっと早くここに連れてこなかったんだ!」と怒鳴ったという。
だからそれからは私が具合悪くなると、そこへ通ったものだ。

そこも、今年に入り、閉院することになって、その挨拶の葉書が来た。
最近はすっかりその病院へ行くこともなくなっていた私だったのだけれど、妹が今でも通っていたので、その葉書が届いたのだ。
ちょっと切なくなりながら、思い出していた。

具合が悪くて行くと必ず長く問診をしてくれる。どこの辺りがだるいのか?どこが痛いのか?昨日は何を食べたのか?咳の状態、お腹の状態などなど聞いてくれながら、背中などをトントンしてくれたり、聴診器をあててくれたりする。
そして、なにやら外国語の文字でカルテに書き込んでいく。
何だかかっこいいと思ったものだ。

その場所はなくなってしまったかもしれないけれど、私の心の中にはきちんとその思い出が残っている。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-26 22:35 | できごと

四国への旅

ご無沙汰しております。
最近更新ができずにおりました。
実は四国へ行ってまいりました。
関東に住んでいる私にとっては強行スケジュールで、なんと1泊2日の旅。
このことを話す人話す人からは「無理しすぎだよ」的なご指摘を頂きました。はい。
おっしゃるとおり、とんでもなく疲れました。私よりも一緒に行ってくれた人がずーっと運転をしてくれたのでかなり疲れたのでは?と思っています。旅はゆっくりするもんです。

さて、今回の旅、目的がありました。それは一度出会って魅了されてしまった「四万十川」に行くこと。
ただ、私が深く考えもせず、足摺岬に宿を取ってしまった為、空港から4時間以上も車を走らせなくてはいけなくなってしまったのです。あぁごめんなさい。
空港に着いたのは夕方4時頃。到着するのは8時以降になってしまいます。

b0091248_19235596.jpg
でも、せっかくなので桂浜に寄る事にしました。あの坂本竜馬で有名なところです。
行ってみてびっくり。台風直撃の後だったため、波も荒れてます。
でも、折角なのでこの写真を夢中で撮ってました。そして・・・私の足もとはびしょぬれ。
波って、同じように寄せて返すわけではないんですね。

そして、夜遅く着いたにも関わらず、宿の人は親切に迎えてくれて、食事もおいしかったです。
温泉にもつかって、肌もスベスベになりました。

b0091248_19295628.jpg
さて、翌日。目的だった四万十川へ。
ここも台風の傷跡が残っていました。
四万十川で有名な沈下橋を渡ったり、川原でしばし休息。
やはり、この雄大な流れが四万十の醍醐味です。
以前、友人と来た時には澄み切っていた水も嵐の後で濁ってはいましたが、なんだか癒されました。

b0091248_19384341.jpg


そして、これが沈下橋です。川の水があふれて大丈夫なように欄干がない橋です。
だから、ここを通っている時車が通り過ぎると、端によっても身体を支えるものがないのですっごくスリルを感じます。
でも、この眺めも素敵な四万十川の一つの顔です。




帰り道では私はぐっすり。飛行機の中でもぐっすり。
結構旅の帰り、私はこんな感じになってしまいます。
疲れたのかな?家についてからもぐっすりねむりました。
でも、バタバタだったわりには、本当に楽しかったな。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-23 19:46 | できごと

危ないよ

b0091248_22295144.jpg


今日の夕方、ちょっと買い物に出た。
すると、一人の子供が近所をプラプラしていた。
(親はどうしてるのか?危ないなぁ)と感じ、はっとする。

私の住んでいるところは近年「スラム街と化した」と言われるようになった。
なんでも、歌舞伎町を追い出された人々がいろんなところを経過した後、ここに集まってきているらしい。外国人も断然増えた。

人種差別をするつもりはないけれど、ちょっと怖い。
そして、彼らの車に接触でもしたら、保険に入っていないので、こちらが割りをくうらしい。

そんなこんなで危険なのだ。
ニュースでも物騒な事件ばかりが流れている。

だからこそ、子供に対して(危ない)と感じたんだと思う。
以前は違った。

私が子供の頃は、夕方まで子供が一人で遊んでいたとしても危ないなんてことはなかった。
以前、母から聞いた私の小さい頃のエピソード。
当時3歳くらいだったらしい。私はおとなしい子供だったので、よく「あぁ、こんなところにいたの?」と母に言われていた。
つまり、存在感がなかったのだ。
その日も、いつの間にかnorinoriがいなくなったと母は思っていたらしい。
でも、心配することなく夕食の支度をしていたそうだ。
すんごい狭い家なんだからちょっとくらい探してくれよ!
と思うけれど、世間というより特に家の人がのんきだったのかもしれない。

いないなぁと思いつつも妹の世話や家事をこなしていた母はこの後ビックリすることになる。

それというのも、父が涙ぐみながら私を連れて家に帰ってきたというのだ。
もちろん、心配しての涙ではない。
感動の涙。「改札でたらさ、norinoriが手を振って待ってたんだよ。なんでお父さんが帰ってくるのがわかったんだろう。もうびっくりして感激したよ。」
と語っていたらしい。

今となっては本当に懐かしい話だ。
何が日本をここまで変えてしまったんだろう。
皆が安心して住めるような場所になるようにしたいな。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-19 23:04 | できごと

チャングム

両親は無事ブラジルに到着したようだ。
なにぶん、昼夜逆時間なので、連絡を取ったりするのは向こうの朝、こちらの夜になる。
昨日、到着したよとの電話をもらった。

「とにかく着いたから」あわただしい電話で向こうが寒いのか(冬だから)、どんな状況なのかわからない。もう一度、連絡方法をこれからはメールにしようと決めたのだけれど、私が携帯に入れてあげた情報が向こうでは見れない、などと言っているので、こちらからメールを送信して、それにいつでも返信できるようにした。

そんなまるで業務連絡のような電話の最後に母が言った一言。
「チャングム撮っておいてね。」だった。

みなさん、ご存知ですか?もう見終わった方もいるかもしれませんが。韓国のドラマでチャングムという宮廷女官(宮廷につかえるお料理を作ったりする人)が様々な困難を乗り越えて逞しく生きていく話だ。途中から様々な事情で女官ではなくなり、医女(現在で言えば看護士さんに近いかも)になるのだけれど、苦労は絶えない。

まぁ、そういった話です。まだ最後まで見てないので、詳しくは話せないのですが。
それに両親ははまっている。実はちょっと私も。
冬のソナタが大ブレークした時、私も母も笑っていた。
近所のおばさんが、着メロを冬のソナタにしてるとか、いろんな話をしては見てもいないのに
「その気持ちがわからないねぇ」などと言い合っていた。

二人とも“反韓流”に近かった。
それが、ちょっとしたきっかけで母が見るようになり、途中から私も見たりして、すっかりはまってしまった。でも、私のはまり加減は母に比べて“中”なので時々見なかったりする。
しかし、欠かさず見ている母は、ブラジルにいても「チャングム」の続きが気になるらしい。

忘れないように、録画しなくては。
きっと、録画しつつ自分も見てしまうかもしれないので、それまで見損なったところをレンタルしてDVDで見てみた。

やはりはまってしまう。チャングムという女性は頭がよい。そして、打たれ強い。
どんな困難も乗り越えていく。そんな彼女の強さ、誠実さに周りの人も見方になっていく。
でも、それに嫉妬したり、自分の利益のためにチャングムが邪魔だと感じる人も、つまり、敵も多くなっていく。

b0091248_23103914.jpg


そこに陰となり日向となりながら彼女を守るミン・ヂョンホという男性が出てくる。
まるで“ベルバラ”のアンドレ並み。
決して男前ではないのだろうけれど、なんだかキューンとする。(写真の男の人です)
実物(これは時代劇なので)は何だかおじさんくさい感じがしてちょっとがっかりしたけれど、この役では誠実なまっすぐな男なのだ。


あぁ、こんな人いたら素敵だろうな。とか夢うつつになりながら、忘れないように録画しなくては
と自分に活を入れてみる。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-17 23:15 | できごと

いよいよ

今日、両親がブラジルへ出発した。
一緒に行く方の親戚の方が車を出してくださるという事で、それに乗って行った。
親戚がたくさんいるので、私は乗ることができず、玄関で見送った。

昨日もバタバタして、今日も朝っぱらからドタバタしていた。
大丈夫なんだろうか?

人間てなんとなく、大人になるほど経験で物事を判断するようになると思う。
では、経験のないことだらけの毎日で本当に大丈夫なのか?

送り出してからちょっと不安にもなったけれど、健康で元気に帰ってくることを祈るばかりだ。

最近はドコモでも海外で携帯が使えるようになったらしく、電話やメールができる。
頻繁にとはいかないけれど、今度連絡を取り合うとすると、日本とブラジルとになる。
そう考えると何だか不思議だ。

日本からブラジルまで24時間かかるという。
明日の夕方にはブラジルに到着する。きっとそこで初めてのブラジルとの交信ができるはずなんだけれど・・・使いこなせるのか?
かなり心配性になっているnorinoriでした。

b0091248_2340596.jpg

[PR]
by norinorigami | 2006-08-15 23:34 | できごと

感謝

b0091248_2317183.jpg
いつもいつもありがとうございます。
コメントをくださる方、覗いてくださる方。
みなさんがいてくださったお陰で、何にもわからないまま始めた私はここまでこれたような気がします。
愚痴った時も、皆さんのコメントで何度力をもらったことか。
今後もとんちんかんなことばかり書いてしまうと思いますが、これからもよろしくお願いします。

そして、そんな大切な皆さんのこの夏が思い出深い大切な夏となりますように。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-12 23:20 | 心から・・・

b0091248_22332244.jpg
今日は発見があった。
いつも話している人たち。
その人たちと向かい合った。
もちろん、今までも向かい合ってきた。
でも、今日は自分の心をさらけ出そうと決心した。


いつもはあまり反応がはっきりしない人たちの表情が今日は違った。
私は自分の思いを語る。
そして、自分の弱さも、こうしたいんだってことも洗いざらい語った。

その反応に響きがあった。
あぁ、こちらの覚悟の違いで、心の持ち方の違いで、こんなにも違ってくるものなのか。
ちょっと感動した。

そして、まず自分をどこからか別のところから見つめ、それを吐き出しながら、周りの人々から“反応”や“意見”という形でバックしてもらって、変えていく。
そこからやることが、自分の中の壁に風穴を開けることだと思った。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-10 22:34 | 心から・・・

壊す

b0091248_205533100.jpg
今日、職場に行ったら、隣の部署が活気にあふれていた。
みんなで、壁にらくがきをしている。
ワイワイ言いながら・・・。
その壁を壊すことになったので、折角だから思いっきり落書しちゃおう!ということになったらしい。
規模は全然違うけれど、“ベルリンの壁”みたいだと思った。


落書の中に「10年・・・」という文字がある。
この壁を壊したくて壊したくて10年も頑張ったのか。
私はその理由がはっきりとはわからないけれど素直に(頑張ったね!)って思った。
そして、自分も落書をさせてもらい、ここが壊れることを想像した。

自分の部署に戻って仕事を一生懸命してみたけれど「壊す」という言葉が引っかかった。
仕事をしながらも、ずっとそのことを考えていた気がする。

「壊す」ってどういうことだろう・・・・

で、自分なりに考えた結果、現状に我慢ならなくなった時にする行動かな?
そして、このままじゃ嫌だと思ってしまった瞬間から、人間は何かを壊そうとするのかな?
その壊そうとする対象は今いる場所だったり、目の前にあるものだったり、見えない何かだったり、自分の心だったり・・・。というのが浮かんだ。

壊したくても何を壊したらいいのかわからず、自分の心を傷つけて病気になってしまった友人がいた。その人はやさしい人だった。誰かを責めるなんて出来ない人だったのだ。
そして、ニュースではその壊す対象を家族にしてしまった人のことが流れている。

「壊す」というとちょっと否定的な言葉に感じるけれど、現状から何かしらの変化を求めていることでもある。その対象を間違えてしまわないことが大事なのだ。

私も今、何かを壊したいと思っている。それはもちろん、誰かでもなく物でもない。
新しい何かを見つけたい。
それは自分の中からかもしれないけれど。

自分の中に作った、いつの間にか厚くなってしまった壁。
それをぶっ壊すようなそんな夏にしたい。
[PR]
by norinorigami | 2006-08-09 21:14 | できごと

久々に末っ子になって

b0091248_2255169.jpg
久々に友人に会いに浅草へ。
そこへ向かう電車の中で私はドキドキしていた。
独り言を言い、胸のポケットからウイスキーを出してグビグビと飲む男の人。
危険を感じる。
でも、私が座っている席とは反対の方を向いている。

ちょっと安心しつつも、ドキドキは止まらない。
変に身体をねじってこちらの方を見ている。
相手の様子をはっきりとは見れないけれど、私を見ていて近づいてきたらどうしよう・・・。
きっと誰も助けてなんてくれない。私も誰かが被害にあっても見てみぬふりをしてしまいそうだ。
別の車両に行こうか?でも、降りたい駅まではまだまだある。座っていたい。

一つの駅に着いて多くの人が降りた。
私の右隣の席も空いた。その席の前に男の人が立っていたので、(座ってくださいお願いしますから)と祈るような気持ちで見てみた。
しかし、彼は座らず、私が危険だと思っていた男性に席を譲った。

(あぁ、一番怖いと思っていた時が来た)
横に座った男性はまたポケットからウイスキーの瓶を取り出しグビグビと飲む。
私は友人に貸すつもりでもってきた本を開いてそれに夢中になっているふりをする。
(早く駅について・・・)そんな思いとはうらはらに、いつもよりも電車が遅く走っている感じがする。

でも、そんな時間はちゃんと過ぎ、何事もなく私は目的の駅で降りて乗り換えることにした。
2度ほど乗り換えて、駅を降り立ち、目指すは雷門。ちょっと怖い思いをしたぶん、早く懐かしい顔に会いたくてちょっと足早に向かっていく(遅刻をしてしまっていることも理由だけれど)
そして、彼女に会ってほっとした。会いたい顔に会えた。続けてもう一人の友人も合流し、3人で浅草を散策した。いろんなものを食べ、いろんなことを話した。

女だけの集まりはやっぱり楽しい。
そして、若干だけれど私が一番年下だった。
そんな経験が久しぶりだった。職場にいても、その他の場所でも私の周りには年下が増えている。

そして、長女気質の私は、気を使っているらしい。ちょっと疲れてしまうことがある。
望まれている訳でもないのに、私は年上だからという自分の中の理由に自身でひっかかり、何かをしてあげたくなってしまう。

今日は違った。どこかで気を使っていたかもしれないけれど、圧倒的に包まれている感じがした。とても楽だった。

優しさに包まれるって幸せな感じがする。
今日の暑さも、いっぱい歩いてだるくなった足も、それを感じさせないくらい心が癒されている。
本当にありがたい。
そして、この人たちがもしも、あの酔っ払いに絡まれたとしたら、必死で助け出そうと思った。

b0091248_2345765.jpg

[PR]
by norinorigami | 2006-08-06 23:20 | できごと