大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー

<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

車の顔

b0091248_2025658.jpg

昔、車の正面から見たところが顔みたいだねって話したことがある。

ほら、ライトが目でナンバーの上あたりが鼻で、下あたりが口。何だか顔に見えてくるでしょ?

今日、職場に警備会社の人が来ていて、その車を見たらなんだか白黒の猫みたいだったので撮ってしまった。

そう見えない?
[PR]
by norinorigami | 2006-05-18 20:02 | できごと

お互いに

b0091248_22541468.jpgむかつくことがあった。
職場で他部署の人から、私からすると、とっても理不尽な怒られ方をした。
(なんで話を割って入ってきて、ちゃんと話を聞いていた訳でもないのにそんな言い方するんだろう・・・)

それでも落ち着いて事情を説明しようとする私に
「つべこべ言ってんな。」って。

その言葉に久々に頭に血が上って、私もちょっと声を荒げた。
長々話していても、この人には伝わらない。
とにかく、問題点を取り除くことに力を注ごう。

自分の部署に戻り、上司に簡単に事情を説明した。
上司は的確に判断してくれ、何とか解決の方向へと向かった。

でも、何だか私の中のマグマが落ち着かない。
思わず自分の席に着いて、目の前に座っている後輩に向かって
「こんなこと言われたんだよ!!!!!なによあの人!!!!」
と怒りをぶちまけた。
たぶん、相当ひどい顔をしていたんじゃないかな?
彼女は心配そうだった。

この時実は彼女は大分具合が悪く、誰かと話をするような状態ではなかったらしい。
(そのことは、具合の悪い彼女を、車で送っていく途中でわかったのだけど)

車の中で「今日は喉が痛くて声を出すのが辛かったので、誰かと話すのも辛かったんです。」そう言った彼女は、「でも今日は大変でしたね。あの人のする事はひどいですよね。」と励ましてくれる。
相手が弱っている時、いつもの自分なら「そんなこと心配してくれてありがとう。でも大丈夫だよ」と言えるのに、今日は違っていた。

「もう本当にむかつくよ!!!」
おいおい、そんなに怒ってると事故っちゃうぞってなくらい怒った。

それを彼女は一生懸命聞いてくれる。
その姿は、嫌々な感じは全然しなかった。
仕方なく聞いている感じがしなかったから、ぶちまけちゃったのかも。

彼女を降ろして、一人で車を走らせている間、自己嫌悪に陥りつつ、
彼女が声を出すのも辛いのに一緒に怒ってくれ、慰めてくれたことが思い出された。

いつも、私は彼女やその他の関わりのある人の役に立ちたいと思っている。
自分は人を助ける立場で、助けてもらうなんて申し訳ない。
そんな傲慢な気持ちがあったことに気づきハッとする。

そうか。誰だって、誰かの役に立ちたい。
彼女も私が困っていれば、いつでも助けたいと思っていてくれていたのかもしれない。
だから、喉が痛くて辛くても、話をしてくれたのかも。

私は与えたがりだけど、本当はいろんな人に助けてもらってるんだな。

お互いに思いやって生きているんだな。

なんとなく、自分の中で発見があったことが嬉しくなった。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-17 23:28 | できごと

b0091248_23234297.jpg今日?夕べ?何しろへんてこな夢を見た。

私はどうやら外国にいるらしく、
しかも祭りが行われるところを見学している。
その名も「パンツ祭り」。
なんだそりゃ。でも、面白そう。

天気もよくて、暖かい日。芝生も輝いているその広場でそれは行われる。

不思議なことに、現実ではほとんど寝たきりになっている祖母もちゃんと立って
オランダ風の白地に赤の縁がついた、きれいな民族衣装を着て嬉しそうにしている。
私も「おばあちゃん、元気になったんだ。うれしい」と思っている。
その傍らには父がいて、はっきりはわからないけど、他にも知ってる人がたくさんいる。

私もウキウキしてくる。
すると「パンツ祭り」が始まった。大柄の外国人女性が一列に並んでウエストあたりにある
紐を引っ張る。そうするとスカートがクルクルっと引き上げられてそこには大きな
ちょうちんブルマのようなパンツ。レースだったり、いろいろな色があったり、
何よりも、その女性達がみんな楽しそうなのを見た私も楽しくなって、幸せな気分になった。

・・・・そんな夢である。リアリティーのない夢。

こんな不思議な夢は何を意味してるんだろうと思って、いろいろ検索してみた。

b0091248_2373182.gif


このサイトのは、見た夢を文章にして入力するとその結果を無料で出してくれる。
果てして結果は?

「あなたの夢は、環境に変化が訪れることの知らせです。
これからどんなことが起こってもいいように、自分の中で
心構えをしておいてください。そうすると、
後で慌てることもなくなるでしょう。 」

だって。本当か嘘かは分からないけど、本当に起きても幸せな気分だったので
いい変化だといいなと思う。

夢ってよく、現実で起きたことを処理するためにあるとか、
もっと潜在的なものがあるとか、いろいろいうけど、
不思議。

今日は?今夜は?とにかく素敵な夢が見れるといいな。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-16 23:24 | できごと

Catch The Wave

Catch The Wave
Def Tech / Jawaiian Style Records
ISBN : B000E5KOGQ
スコア選択:

また久々にDef Tech熱。
今回のアルバムもよい。
聞いていると元気になってくる。

特に好きなのは、“Irie Got ~ありがとうの詩~”
詩が胸に入り込んでくる。

「すべての人々に感謝しよう」
「必ず何か教えてくれるよ」
「誰かのせいにするのはもうやめよう」

私もそういう気持ちになりたいなって思うけど、
それを言おうと思うとちょっと力んじゃう。

彼等はそれをさらっと、あっけらかんと歌う。
本当はあっけらかんではないかもしれないけど
心を開いて、伝えてる気がする。
力む時って、うん!!って感じで、ついでに自分の心も閉じちゃう感じがする。

開いていきたいな。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-15 21:22 | my music

オーラ

今日はオーラ写真を撮ってきた。
友人と二人で。
初めての体験なのでちょっとドキドキ。b0091248_21481238.jpg

写真が出来上がった。
・・・・私の想像したものと違った。
ものというより色が違った。

私の周りは真っ赤なのだ。

友人のは黄色、ゴールド。

診断書みたいなのをもらった。

私のは「ストレス」「病気」という言葉が目立った。
そして、「情熱」

彼女のは「ハッピー」「楽しい」などの言葉が目立った。

うーん・・・・でも彼女のを読んでいると、なるほどと頷ける。

私のも落ち着いて見てみると頷ける。
何だか、最近の私は無理やり何かをしようとしてエネルギーをすごく使っていた気がする。
元気がないのに、無理やり元気なふりをしてみるとか、
疲れているのに、外に出てみたりとか・・・。

それは、ちょっと自分の心が落ち込んでいて(正確な表現ではないかも)
その自分を直視したくなくて、自分を元気に見せていたいということからおこったことかもしれない。

今日、そんな出来事で、自分を直視する気持ちになった。
だって、落ち込んでいる私も、元気でいる私も両方、私自身には違いないから、こうでなくちゃいけないってことはないもんね。

もうちょっと自分を見つめて、明日からスピードを落としてみよう。

そして、今日はもう一つ、人とのコミュニケーションの大切さを知った。
オーラのカラーには相性があるようで、今日のオーラでいうと、赤の私と黄色の友人は◎だった。
その通りで、黄色とゴールドのオーラをまとった彼女と話していると、不思議に安心した気持ちになった。
びっくりしたことに、寝違えたのか、朝から首があまり回らなくなっていた私が、帰る頃にはちょっと楽になっていた。

誰かと話すって大事。しかも力まずに。
感謝、感謝、感謝。

明日からのゆっくりな私を期待しながら、今日は早く寝よう。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-14 22:44 | できごと

ゴールデン街

b0091248_23104093.jpg
行って来ましたゴールデン街。大人の町です。
ネオンの街です。飲み屋さんが何件もつながっていて、ドキドキします。
初めてのことなので、職場の女性に連れて行ってもらいました。
扉を開ける瞬間、すごく緊張しました。

こちらは、20代の女性を含め、女5人。
カウンターしかないお店はあっという間にいっぱいに。

お店のママは「どうぞ。お酒飲めるの?大丈夫?」
私は、いけるほうなので、連れて行ってくれた人のボトルを頂きました。

「おかわり」と言ってから飲み物が注がれると思っていたら、空になるかならないかのタイミングでママが注いでくれます。
飲んでも飲んでも注がれるので、常連の彼女のグラスはいつもお酒でいっぱい。

このタイミングがすごい!

常連の人とも他愛無い話をいっぱいして楽しかった・・・。

ちょっと大人の世界を垣間見たのでした。
常連の彼女からは次は一人で行くんだよ。と言われ、うーん、勇気がいるなぁ
b0091248_23102427.jpg
[PR]
by norinorigami | 2006-05-13 23:24 | できごと

ゆるナビ

昨日、バタバタして、ほっと一息ついた時にちょっとテレビをつけたらやっていた。
何だか気持ちがほっとするような気がして見てみた。

うーん、春の野草食べたいな。カレー屋さんも行ってみたいな。
何かが必要ないって素敵だな。
ホームページを調べてみた。

ゆるナビホームページ

残念。更新されていない。


川原亜矢子がお茶漬けについてやっていた。
おいしそう。

そこで私も好きなお茶漬けを一つ。

1.ご飯をお茶碗に1杯。そこに梅干を埋める。
2.そのご飯をラップで包んでおにぎりにする。ぐーっと押して幅を薄めにね。
3.フライパンに油をひいて、若干揚げるような気持ちでおにぎりを焼き付ける。こんがりと。
4.おにぎりを焼いている間に、お鍋にだしの素と醤油を入れ、自分好みの味にする。
5.おにぎりがこんがりキツネ色になったら、どんぶりに入れて、そこにだしをかける。

ジュワーって音がして、おこげの和風版って感じ。
カリカリ、すっぱで、意外と爽やかな味になります。

実は今日作ったんだけど、お腹がすいていたので写真もとらず食べちゃいました。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-11 21:46 | できごと
You Are The Top ~今宵の君~
/ ポニーキャニオン
スコア選択:



内容紹介
作曲家と作詞家と1人の死んだ女。深夜のリハーサル室、ピアノの前に集まったのは…。三谷幸喜脚本による傑作舞台のDVD化。ちょっとほろ苦い大人のロマンティック・コメディ。

【商品内容】
DVD音声サブ・チャンネルに三谷幸喜と戸田恵子による舞台秘話を収録

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
三谷幸喜書き下ろし・演出による、ちょっとほろ苦い大人のロマンティックコメディ舞台劇をDVD化。今は亡き女性シンガーと組んでいた2人の男。彼女の7周忌に久しぶりに顔を合わせた彼らは、彼女に愛されていのは自分だとお互いに言い張りのだが…。

以上は内容紹介です。
出演は戸田恵子、市村正親、浅野和之の三人。音楽は井上陽水。
ゴージャスです。ただ、浅野さんはピンチヒッター。
もともと誰がやるはずだったか、なぜピンチヒッターを頼むことになったのかは、「三谷幸喜のありふれた日々」をお読み下さい。

私は三谷作品が大好きなのですが、舞台を見たことが一度もなくて、仕方なくDVDで観賞しているエセ三谷作品ファンなのですが、いやぁ、この作品は見たかった!
やはり、市村さんは歌も仕草も素敵ですし、戸田さんは輝いているし、それに浅野さんが、テレビでは嫌味なおじさん役しか見たことがないのに、この役ではフェロモンすら感じます。

途中、笑えて、最後ほろりっとくる感じがいいんだなぁ。
詳しいことをここで書くともったいないので、あまり書けませんが・・・。

忘れちゃいけないのが、井上陽水の音楽。
やはり、やります。耳に残ります。
時折思い出しては口ずさみます。

そして、聞き逃せないのが、三谷さんと戸田さんの舞台秘話です。
最低2度楽しめますよ!!!
[PR]
by norinorigami | 2006-05-09 23:29

ほっ

今日はゴールデンウィーク明け初日。
朝からだるーい雰囲気。
おまけに天気もじとじと。
長く休むと、これだから・・・と自分につぶやく。

職場の他の人たちもちょっとだるそう。

うーっ仕事したくない。と思いつつもパソコンに向かっていると、
矢のように仕事の依頼が。

とりあえず、集中してこなしていく。

ランチタイム。お互いのゴールデンウィークの出来事を報告しあう。
(なんとなく心も身体も慣れてきたぞ)
家族でキャンプに行った話、実家に帰った話などなど、それなりに皆満喫したみたい。

そんな話を聞いているうちにすっかり、気分が仕事モードに戻ってきた。
よーしバリバリやるぞう!

とりあえず、全ての仕事をこなし、早めの帰宅。
のんびりする。
夕飯もおいしい。でも疲れたかな?
さあ日課の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」やらなくちゃ。(ちょっと年寄りくさい・・)

まずはトレーニング。昨日より調子よさそう。
さぁ、ドキドキ脳内年齢測定。

・・・・・・・・・がーん
30歳になってる。ここ最近、ずっと20代をキープしてきたのにっっ!!!!!

やはり、疲れているんだと自分を慰め、ほっと一息つきたくて、ちょっと前に「お礼に」ともらったお茶を手にしてみる。

「桜の花のお茶」

透明なグラスでゆっくり飲んでみよう。

個包装になっている袋をあけると5輪くらいの桜が入っている。
すべてをグラスに投入し、お湯を注ぐ。
ふわっと桜の花びらが開き、桜餅のようないい香りが広がる。
なんだが温かい。
一口飲んでみる。ますます温かい。

これをくれた人のあったかい心まで自分の中に入ってきたようで、しょげた気分からすっかり抜け出ることができた。ありがとう。

おだやかな気分になりながら、お茶の説明を読んでいると「一輪の桜の花を入れ」という言葉。
一輪・・・・・全部入れちゃったよ。
確かに思い描いた、また箱に写ってる写真とは違い、カップの中がごっちゃりしてるなとは思ったんだ。やっぱり疲れてたのかな。
b0091248_23505458.jpg

[PR]
by norinorigami | 2006-05-08 23:52 | できごと

はまってます

Listen To The Music 2
槇原敬之 / 東芝EMI
ISBN : B000A7TF7W
スコア選択:



最近、ずっと聞いてます。
さまざまな人の曲を槇原敬之がカバーしてます。

その中でも、私が好きなのは美輪明宏の曲「ヨイトマケの歌」。
元歌は、どっしりして、がつんと来る感じなんだけど、あくまでもさらりと歌っているのが心地よい感じ。
ヨイトマケと呼ばれる労働者の母を持つ息子が主人公の歌で、悔しい思い、つらい思いをしながらも、お母さんの姿を見て頑張ってきたことを歌っていて、なんとなく染みてくるんです。

他にも中島みゆきの「ファイト!」、ダ・カーポの「野に咲く花のように」などなど、そこを付いてくるかって感じなのですが、とにかくさわやか。

ちょっと前に出したアルバムみたいなんだけど、いまさらのようにはまってます。
特に槇原敬之が好きだったわけでもないし・・・。

これを聞いてみようと思ったきっかけは、「僕らの音楽」で槇原敬之と美輪明宏が対談をしていたのを見た妹が、めずらしく興奮しながら話してくれたことで、話している途中、彼女は突然のように泣き出しながら、その感動を訴えたのでした。

ドラマを見ても泣き、ドキュメンタリーを見ても泣いている姉を、常にシラーっとして見ている冷静な彼女の何かを変えるものが、きっとあったんだろうと思って、すぐにレンタルショップへ。
そして聞いてみた「ヨイトマケの歌」は本当に泣けたのでした。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-07 20:06 | my music