大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

GABA

今週の月曜日。朝職場に到着したら、私の机の上にこれが置かれていた。

「ストレス社会で闘うあなたに。」と書かれている。チョコレート。b0091248_2127278.jpg
CMでは上司の机の上にこれが乗っかっているのを
部下の2人が見て「闘ってるか?」「闘ってないよな」
「闘ってないよな」ってな感じの会話が繰り広げられている。

(これなんだろう。あっGABAだ。誰が置いてくれたんだろう)
でもすぐにあの人だと思いついた。
Kさんは、いつも人を思いやってくれる人で、突然何かを机の上に
そっと置いておいてくれるからだ。

「これ、Kさんが置いてくれたんですか?」
「ブログ見たので・・・・」

このブログを読んでくれて、私が癒されたがっていることに気づいてくれた
らしい。
なんだか嬉しかったので、ここ数日、机の上に置いて、午後ちょっと
疲れてくる時間にぽんっと1粒口に入れて頑張っている。

私はお昼の後しばらくするとなんだか眠くなる。
そんな時にも頭がすっきりするような気がする。
甘くて、おいしい。

隣近所の人にも配り、一緒に癒されていたのだが、今日それを家に持ち帰ることにした。

理由は・・・今日、おやつを部署のみんなに配っている時に上司から
「そういえば、norinoriさんの机の上に置いてあるのは何?昨日見つけて気になってさ。
いや、中身には興味ないんだけど、ストレスなんとかって書いてあったからさ。
ストレス溜まってんの?」と心配されてしまったから。

そこまで、溜まってもいないから(そのつもりでいるだけかも)心配させても
なんなのでお家でひっそり楽しむことにした。

Kさんと上司。少なくとも二人の人が私を見ていてくれて心配してくれている。
ありがたいし、嬉しいな。
ちょっと心が温かくなった。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-31 21:48 | できごと

アート

ちょっと前に展示会を見てきた。
「小袖にみる華・デザインの世界展」。
江戸時代の小袖がいっぱい。普通はガラスの中に入っているんだろうけど、
すべて、ちょっと手を伸ばせば届きそうに展示してある。

江戸時代のものが、この平成の時代にもきれいに残っていることの感動。
その中でも、刺繍で文字が入っているようなものが何点かあり、
何の意味があるのかもちょっとわからないので
「外国人の人が意味とかじゃなく、その文字の形のデザインだけを気に入って
Tシャツとかにプリントしているような感じなのかな?」
とか話していた。
b0091248_21295762.jpg

b0091248_21302317.jpg


でも、この美術館のブログを見ていたら、意味があるらしい。学芸員さんが質問に答えていた。

それにしても、手がこんでいる。
なんというか、“職人”、“粋”というような言葉が浮かんだ。

時間の流れの速さが今とは違いそうだな。
職人はいいものを作ろうとして、いろんな工夫をする。
それを買う客は、いいものができるまでじっと待つ。
そんな光景を思い浮かべた。

スピードが命のこの時代。
スローな感じのものを見るのも、たまにはいいもんだ。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-30 21:36 | できごと

キュッとね

さぁ、元気になったので、自分磨きをはじめよう。
これから、薄着の季節。
私の場合、もう随分水着も着ていないけど、半そでを着る機会が多いと二の腕が気になる。
運動も何もしていない私の腕はプルプル・・・・ううん、ブルブルって感じだ。
やばい!そこで、昨日からこれを再び試している。

b0091248_23235252.jpg


気休めかもしれないけれど、以前、友人の結婚式に行くことになり、ノースリーブを気合を入れて着ようと思ったときに買った商品。塗るだけで肌を引き締めるというもの。
一週間、朝、そして夜のお風呂上りに塗る。

スーッとして気持ちいい。肌もツルツルする。

そして、結婚式の当日。久しぶりに会った友人に「なんか細くなった」と腕の辺りを触られたのが忘れられない。あれは奇跡だったのか?とにかく試してみよう。

オルビスのこの商品。詰め替えもあるので便利だ。
私は、ローションなどもオルビスだけれど、とにかく、この詰め替えがあるというのが気に入っている。使い終わった容器がもったいないなぁ、といつも思っていたので。

さぁ、梅雨があければ夏が来る。
今年こそは水着を着るかな?(うー怖い)
[PR]
by norinorigami | 2006-05-29 23:31 | おすすめ

ご褒美2

b0091248_222164.jpg今日は午後から雨も上がったので、久々に美容院へ。このところ、ぐうたらな日々を過ごしていたので、何と2ヶ月以上もご無沙汰してしまった。
きっと、職場にトキメキでもあれば、常に自分を磨こうと思うんだろうけど、そんなものは、ない。
だからといって、いまのままでは女を捨ててるわ!このままではいけないっ!やっぱり、今日行こう!予約の電話をしてしまえばいいんだわ!ってな勢いで早速電話。

電話した結果、すぐに来てくれれば大丈夫との事。
ぴゅーっとチャリ吉norinori号を飛ばして、いつもの美容院へ。
私はいつもオーナーに切ってもらっている。このオーナーが素敵な女性だ。
私よりも少し年上かな?でも、なんとも言えず癒しのオーラを出している。
「今日はどうする?」「髪を少し伸ばそうと思っているんで・・・」
いろいろと相談して、彼女の的確なアドバイスをもらう。

そこへ3人家族が登場。ママ、パパ、そして息子。4歳くらいかな。

私はカラーリングをしてもらうことになったので、他の男の子にタッチしてオーナーはお子様のもとへ。

「今日はどうする?」と聞いている。あぁ、この人は誰に対しても同じ態度なんだな。
「ウルトラセブンがいい。」

ということで、シャンプー中のママにも相談した上で、オーナーがお子様の髪の毛を切っていく。
シャンプーもしてもらった彼は、ドライヤーをかけてもらって、顔が赤くなっている。
(あついのかな?)そして、頭のトップ辺りをジェルのようなもので固めてもらっている。
ちょうど、昔ベッカムがやっていたような、やさしい感じのモヒカン。

(ほんとうにウルトラセブンだ・・・)お子様は満足そう。パパにも褒められている。
鏡を夢中で覗くお子様。「この子ナルシストなの。」とママに言われてもへっちゃら。

でも、なりたいものになれたら、私だって夢中になって鏡を見るだろうな。
昔、魔法使いがいたら、変身させて欲しいと思っていたけど、彼にとってはオーナーが魔法使いなんだろうな。

私はといえば、男の子にシャンプーを丁寧にしてもらい、すっきり。
ついでにマッサージをしてもらい、「すげーこってますね!」とか言われながら、(あぁ、人にマッサージしてもらうのって贅沢だわ)と堪能。

そして、オーナーに最終的なチェックを入れてもらって仕上がり。
満足できた。まぁ、なりたいものになるのには、望みが高すぎなのだけど、幸せな気分にしてくれるって事では、このオーナー、私にとっても魔法使いかな。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-28 22:02 | できごと

ご褒美

b0091248_1093017.jpg


久々に仕事が立て込んでいて、しかも、しばらく風邪をひいていたこともあり、お肌の手入れを怠っていた・・・・。まずい。
昨日の夜はゆっくりできたので、久々に職場の子から教えてもらったコットンを使って、お肌にしみこませよう。

そこで、これ。
あの佐伯チズがプロデュースしたコットンです。すごく大きくて厚い。洗顔後、これに水を染みこませて、それを丁寧にギューッと絞った後、お気に入りのローションを染みこませてから5枚に裂いていく。ちょっと引っ張ったりして大きくして、おでこ、頬、鼻などの位置に乗せていく。そう、まるでミイラのように。これをしばらく置いておく。そしてはがすと、ほら、しっとり。もしかすると肌だけでなく心も乾いてたかも。b0091248_10122353.gif
ちょっとしたご褒美。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-28 10:19 | おすすめ

そうめん

b0091248_2126934.jpg  最近、このそうめんつゆのCMが気になっている。
「せんかそうめん、せんかそうめん~♪」なんともいえない歌と踊り。
すごく気になったので、ヤマサ醤油のホームページ←ココへ

この二人はオーディションで選ばれたとの事。
有名な人かと思っていたけど、名前も載っていない。

二人のあまりの激しさに気づかなかったけど、猫が結構味を出しているらしい。
今度はしっかり見てみよう。

このヤマサ醤油のページは結構おもしろい。
レシピも満載だ。

その中でも面白かったのが、長年「昆布ぽんず」のCMをやっているツヨポンのもぐら叩きゲーム。土鍋から出てくるツヨポンをマウスでクリックすると点数が入る。
そして、高得点をあげるとランキングにのるらしい。

でも、1位の人は77770点。900点しか取れない私は、到底無理。
まぁ、家でもぐら叩きができて、少しはストレスも解消できる。
これはお得かな?
[PR]
by norinorigami | 2006-05-25 21:42 | 気になる

紫の・・・・

ガラスの仮面 (第25巻) 
美内 すずえ / 白泉社 スコア選択:   

やっと元気になりました。
朝、ニュースを流していたら「紫の薔薇を描く画家・・・」のようなコメントが!
あぁ、すっかり自分の生活の中から追い出してしまっていたものを思い出しました。

そう「ガラスの仮面」です。

足長おじさんのような速水真澄が実は「紫の薔薇の人」。
いつも、いつもこの花で、主人公を励ますのです。しかも影から・・・

何度、夢中になったことでしょうか。

しかし、続きはどうなるの?から連載はいつから再開するの?という疑問へと変わり、
今は(ごめんなさい)本当に完結するの?なんて思って、すっかり忘れてしまってました。

でも、あの読んでるときのドキドキ、ワクワク。
特に25巻あたりをここであげたのは、北島マヤが姫川亜弓と生活を交換したりして
いろんなことにチャレンジし、本当に普通の顔のはずなのに、絶世の美女になってしまう。
そんなところに、本当に並みの(それ以下か?)容姿を持つ私は特別な思い入れが
あったからでした。

久々に読んだら、きっとまたはまっちゃうから、最新刊が出た時に封印を解こう。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-24 21:26 | my book

ありがとう

b0091248_21104621.jpg


今日もだるいまま。薬効かないなぁ~
と思いつつ、根っからのテレビっ子の私はテレビをつけてボーっとする。

面白い番組をボーっと見てる私。ちょっと(かなり?)あほ面だろうな。

でも、目が覚めた。

フジテレビでめざましテレビのスペシャルをやっていたのだ。
私の朝のスケジュール的にいつも見ているのは“めざまし”後のとくダネ!だ。

私の大好きなDef Techがテーマソングを歌ってるらしいということは知っていたのだけど
そのテーマソングである「ありがとうの詩」を作るまでのドキュメントだった。

日本全国からありがとうの詩を募って歌を作るというプロジェクト。
その詩は全国から2305通来たらしい。
それを一つずつ読んでいた彼等は「本当に軽い気持ちでこれを読んだら大変なことになっちゃう」と真剣にライブなどの合間を使って読んでいく。

そしてその中で気になる手紙を書いた人に会いに行く。

一通目は鹿児島。高校の1つのクラスとその担任の先生。
実はそのクラスのムードメーカーが交通事故により亡くなってしまっていた。
そのクラスメートはDef Techが大好きな子だったそうだ。
元気を無くしてしまっているご両親や兄弟に彼への感謝も込めてアリガトを詩にこめたそうだ。

それをDef Techはみんなで家族の前で読みたい!と思ってやってきたという。

みんなで移動して彼の自宅へ。
お母さんは本当に喜んで遺影に向かって「Def Techさんだよ」と語りかけている。
Microも「はじめまして」と遺影に声をかける。

みんなが詩を読み始めた。
そこにはきっと彼が生きていればご両親、家族に向かって言いたかっただろう感謝の言葉だった。

それを聞いたお母さんは「息子から言われてるみたいに感じた」と言って泣いていた。

それを聞いていたMicroが「何もできなくて申し訳ないくらいです」と泣いた。
そしてクラスメートに向かって「最高の大人になってください。夢持ったすげぇ強い大人になってください」と泣きながら訴えた。

他にもあと2組会いに行く訳だけど、どこでもみんなのところに二人は飛び込んで行った。

そこで繰り広げられる「ありがとう」の言葉。
それを曲にしていく。実は鹿児島で彼等はすごい挫折を味わったらしい。
自分の無力さ。挑戦を打ち砕かれた感じ。でも一人の人間として鹿児島のご両親に何ができるか・・・必死で2305通分の思いを紡いでいく。

そのレコーディングは壮絶だった。真剣だった。何かを伝えようと必死だった。
そして、屋久島の縄文杉前での披露。

なんかすごい。

私は感動で涙、涙、涙・・・・

ありがとうっていつも簡単に言うけど、人にはそれぞれの大切な“ありがとう”がある。
私は本気で“ありがとう”を言えていたかな?
大切に大切にこの言葉を使っていきたいな。

番組の最後にshenが「ありがとうという言葉の深い意味をみんなが感じられたら少しずつかもしれないけれど世界は変わると思う」というようなことを言った。
本当にそうだと思う。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-21 21:46 | 心から・・・

三谷幸喜

風邪のため熱が出てもうろうとしている。
でも寝すぎたので、TVをつけてボーっと見る。
何の番組を見ていたのか、突然CMに三谷幸喜が出てきた。

CMなので、あっと言う間に終わり、
あれは本当に三谷さんだったかな?
熱で夢でも見たかな?
と思ってかろうじて残っていたキーワードを入力して検索してみた。

・・・あった。夢じゃなかった。
そうそう、おそらく和田誠さんの絵である。
(三谷さん本人も和田さん風の絵を描くのが上手だそうだからどっちかな?)

三谷さんの絵のところをクリックしてみたが、ちょっと出てきただけで
あとは美しいモデルさんが写っていた。

あのCMの、なんともいえない”のほほん感”がいいのにさ。

b0091248_19302381.gif

[PR]
by norinorigami | 2006-05-20 19:31 | 気になる

癒し

イン・ザ・プール
奥田 英朗 / 文藝春秋
ISBN : 416771101X
スコア選択:


空中ブランコ
奥田 英朗 / 文藝春秋
ISBN : 4163228705
スコア選択:


町長選挙
奥田 英朗 / 文藝春秋
ISBN : 4163247807
スコア選択:


奥田英朗の神経科医 伊良部シリーズです。
伊良部は神経科のお医者さんですが、院長の父親の力を利用したり、子供のように駄々をこねたり・・・そして食べることが好きらしく、でっぷり太っている。

一見どうしようもない人に思えるんだけど、そんな伊良部に診察をしてもらっている人たちが結局救われていくようで、読み終わったあと、私まで癒されます。

きっと本当にこんな人がいたら、大変だけど、本の中だからいろんな人の役に立ってます。

最新刊の「町長選挙」は○○○ドアの○○エモンとか、○○新聞の○○ツネとか一時期世間を賑わした人を髣髴とさせる登場人物も出てきて、人物想像が簡単な分、ちょっと面白かったです。

2・3日前から風邪を引いて、夜はおとなしく早めに寝ているので1話ずつ一気に読んじゃいました。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-20 17:46 | my book