大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:my music( 5 )

大好きなんだ

この間、竹中直人がHEY!HEY!HEY!に出ていた。
昔、オザケンとかが歌っていた「今夜はブギーバック」だったかな?を歌っていた。
器用だよな。と思った。歌もいけてるし、なんとなく、この人はいろんな顔を持っている気がする。昔見た「東京日和」もよかったなぁ。
そして、ふと思い出して聞いてみたCD。

口笛とウクレレ
小倉博和 めいなCo. 鴨宮諒 柳満夫 IWAO 関口和之 featuring 竹中直人 / ビクターエンタテインメント

なぜに、今ウクレレなのか?もう夏は終わってしまったのに。
(ウクレレは夏っていうのもなんだかだけど。)
でも聞いてみたくなったのだ。
これはウクレレと口笛で構成されている。

なんともいえない温かいウクレレの音と、懐かしい口笛。
癒されるのだ。

1.BITTERSWEET SAMBA
2.雨にぬれても
3.MOON RIVER
4.LOVE
5.私の青空
6.慕情

この6曲なのだけど、全部いいな。
その中でもお気に入りなのは、「雨にぬれても」「私の青空」。
タイトルもいいじゃない!
原曲はもちろんいいんだけど、口笛で聞くと、また哀愁というか、温もりというか・・・・。

エノケンも私の青空を口笛で吹いたらこんな感じかな?(私は何歳?)
とか思ったりして。

まねして口笛を吹いてみる。(夜口笛を吹くと蛇がでるよ!)
気にしない。
竹中直人のようには吹けない。

やっぱり、すごい人だ。
[PR]
by norinorigami | 2006-10-18 22:01 | my music

懐かしい・・・

WILD PEACE(DVD付)
東京スカパラダイスオーケストラ Atsushi Yanaka TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA 甲本ヒロト / カッティング・エッジ

実はこれもDVD付きで買ってしまったもの。
それにしても、ずっと聞いていなかった。あんなに飽きずに聞いていたのに。
東京スカパラダイスオーケストラ。

私が初めて出会ったのは大学生の頃だったかな?
ズッチャ、ズッチャというリズムが好きになって、何度も何度も聞いた。

もちろん、曲自体も好きだったけれど、私は歌入りのものが好きだった。

そして、今回はゲスト歌手が3人出ていて、それが私が気になっている人ばかりだったので
買ってしまったのでした。
甲本ヒロト、チャラ、そしてハナレグミ。

聞いて、心躍る。懐かしい。なんというか甘酸っぱいような感覚が蘇ってくる。
大学の頃、片道2時間半かけて学校に通っていた。
電車の中では、本を読んだり、寝たり・・・。まぁ、ほとんど寝ていたけれど。
私は、耳にイヤホンを付けるのがあまり好きではないため、音楽は聴いていなかった。
でも、頭の中では、彼らの音楽がいつも流れていたのだ。
そして、ライブ。大人の世界を垣間見た気がした。

わりと、学生時代、忙しかったので、ライブは1度きりだったけれど。

でも、その頃から、いやそれ以前から第1線を走っているのって、すごい。

今回のアルバムもとてもよかった。DVDでは甲本ヒロトもチャラも素敵だった。
ハナレグミは最近、気になりだしたので、初めて動いているのを見た。
声を聞いていて想像していたのとは違っていた。

でも、大好きな人に似ていたので、びっくりしたし、ちょっと親近感をもってしまった。

懐かしいこと、そして最近の自分。両方をつなぎ合わせてくれるようで、よかった。
[PR]
by norinorigami | 2006-06-18 21:21 | my music

声が

hana-uta 
ハナレグミ / 東芝EMI
ISBN : B000A7TFAE
スコア選択:

また、最近になって、聞き出しました。
なんとも言えない、いい声なんです。そう、声が大好きなんです。
CMでも、使われていた「夢で会いましょう」も入っています。
穏やかで、ゆっくりで、癒されるのです。

ちょっと、一昨日あたりから、また体調を崩していて、
どうしてこんなに、スッキリしないのか?と
落ち込んだり、仕事も忙しいのにすっとぼけてみたり・・・。

うまくいかない時は重なりますなぁ。

でも、うまくいかないことがあるということは、きっとその先には
うまくいくこともあるはずなので、今はじっと音楽を聴いて癒されて
そして、ぐっすり眠るしかないのです。
[PR]
by norinorigami | 2006-06-09 22:11 | my music

Catch The Wave

Catch The Wave
Def Tech / Jawaiian Style Records
ISBN : B000E5KOGQ
スコア選択:

また久々にDef Tech熱。
今回のアルバムもよい。
聞いていると元気になってくる。

特に好きなのは、“Irie Got ~ありがとうの詩~”
詩が胸に入り込んでくる。

「すべての人々に感謝しよう」
「必ず何か教えてくれるよ」
「誰かのせいにするのはもうやめよう」

私もそういう気持ちになりたいなって思うけど、
それを言おうと思うとちょっと力んじゃう。

彼等はそれをさらっと、あっけらかんと歌う。
本当はあっけらかんではないかもしれないけど
心を開いて、伝えてる気がする。
力む時って、うん!!って感じで、ついでに自分の心も閉じちゃう感じがする。

開いていきたいな。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-15 21:22 | my music

はまってます

Listen To The Music 2
槇原敬之 / 東芝EMI
ISBN : B000A7TF7W
スコア選択:



最近、ずっと聞いてます。
さまざまな人の曲を槇原敬之がカバーしてます。

その中でも、私が好きなのは美輪明宏の曲「ヨイトマケの歌」。
元歌は、どっしりして、がつんと来る感じなんだけど、あくまでもさらりと歌っているのが心地よい感じ。
ヨイトマケと呼ばれる労働者の母を持つ息子が主人公の歌で、悔しい思い、つらい思いをしながらも、お母さんの姿を見て頑張ってきたことを歌っていて、なんとなく染みてくるんです。

他にも中島みゆきの「ファイト!」、ダ・カーポの「野に咲く花のように」などなど、そこを付いてくるかって感じなのですが、とにかくさわやか。

ちょっと前に出したアルバムみたいなんだけど、いまさらのようにはまってます。
特に槇原敬之が好きだったわけでもないし・・・。

これを聞いてみようと思ったきっかけは、「僕らの音楽」で槇原敬之と美輪明宏が対談をしていたのを見た妹が、めずらしく興奮しながら話してくれたことで、話している途中、彼女は突然のように泣き出しながら、その感動を訴えたのでした。

ドラマを見ても泣き、ドキュメンタリーを見ても泣いている姉を、常にシラーっとして見ている冷静な彼女の何かを変えるものが、きっとあったんだろうと思って、すぐにレンタルショップへ。
そして聞いてみた「ヨイトマケの歌」は本当に泣けたのでした。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-07 20:06 | my music