大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

やっとこさ

先日、生まれて初めて憧れの三谷さんの舞台を観に行った。
その名も「恐れを知らぬ川上音二郎一座」
銀座のシアタークリエ杮落とし公演だ。
今までなかなかチケットが取れなかったけれど、今回はうまく取れた。

取れたチケットはプレビュー公演。他のお芝居ではあまりないようだけれど、三谷さんの舞台では本番の前にプレビューを行い、お客さんの反応などを見てみるらしい。その三日目。

この日を迎える前、私はドキドキしていた。不安だったのだ。
本当に本番は来るのだろうか?(以前、台本が間に合わなかったことがあったらしい)
手元に届いたチケットは本物だろうか?(ネットで購入したので)

その不安はプレビュー2日目の朝、ちょっと薄れる。
毎朝観ている「とくダネ」司会の小倉さんがニュースに入る前にいろんな話題を話す。
そこで、「いやぁ、昨日見てきたシアタークリエの舞台は面白かった!」
あぁ、本当に始まったんだ。よかったぁ。
後はこのチケットが本物でありさえすれば、三谷さんの舞台に会えるのだ。
とにかく行ってみよう。

当日は妹と待ち合わせをして、劇場へ。
ドキドキしていたチケットも本物だったようで、すんなり通れた。

席に着くと私はキョロキョロしてみた。有名人はいないか?
さとちゃん(小林聡美)はいないか?
当然、すぐに見つかるはずはない。

そして、ちょっと落ち着いて劇場内を見回す。この劇場は手狭で、結構後ろのほうの席だった私にも舞台が近く感じる。

三谷さんは舞台挨拶をするかなぁ。会えるのかなぁ。

しかし三谷さんは出てこず、舞台は始まった。


とにかく面白かった。主演のユースケも役柄がぴったりだったし、常盤貴子も素敵だった。
戸田恵子は、やはり抜群に上手だし盛り上げる。
その中でも私が結構笑ってしまったのは、瀬戸カトリーヌ。
変な外国人がぴったりだった。

久々に誰に気兼ねをすることなく大笑いした。
3時間近くの長丁場だったけれど、ずっと飽きなかった。


そして、見終わった後、あんなに面白かったのに、面白かった!ということだけしか残らなかった。あそこのあれが面白かったとか、あそこで笑ったとかではなく、ぼやーんと面白かった!という感じだったのだ。

これが、三谷さんの求めている感じなのかもと思ったりした。

また観たいなぁ。



b0091248_23141597.jpg

[PR]
by norinorigami | 2007-11-20 23:14 | できごと