大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

めがね

b0091248_21181559.jpg
先日、前から観たいと思っていた「めがね」を観てきた。

以前書いたことがあるけれど、「かもめ食堂」がとってもよかったので、同じ人たちが集まって作ったというのを聞いて、観てみたいと思ったのだ。

近くの映画館ではやっていなかったので、夫の車で茅ヶ崎へ。
ドライブモードになりながら、こういう時間も久しぶりかも、と思ったりした。

夕飯をたらふく食べた私たちではあったけれど、私はしっかりポップコーンを買い込んだ。
もちろん、飲み物もね。
「え!まだ食べるの?」と驚く彼。
私だってお腹いっぱいだ。だけれど「かもめ食堂」を見た経験上、必ず映画を観たら何か食べたくなってしまうに決まっている。なんともいえない確信を持ちつつスクリーンへ向かった。

「かもめ食堂」では和食が食べたくなった。「おにぎり」。あと、シナモンロール。コーヒーだって飲みたくなった。さぁ、今回は何が食べたくなるのだろう。

ちょっと違う期待を感じつつ映画は始まった。
与論島で撮ったらしいその景色はまさに“癒される”映像だった。
そして、何度も出てくる言葉「たそがれる」。
登場人物は旅人とそれを迎える宿のご主人、そして学校の先生などなど。
それぞれの人たちがどんな日常を過ごしているのかは、まったくわからない。

でもきっといろんなことがあって、「たそがれる」のだ。
その「たそがれる」達人が、もたいまさこ演じるさくらさん。
宿の主人も学校の先生もさくらさんがやってくるのを待っている。
またこの、もたいさんの演技がとてつもなく良いのだ。
なかなか「たそがれる」ことのできなかった小林聡美演じるタエコさんも、観ている私も彼女に引っ張られるようにたそがれるようになる。

ぷはははと笑ってしまったり、ほーっとしたり。
幸せになれる映画だった。


そして私が何をたべたくなったかというと・・・カキ氷、そしてビールだ。ビールもサッポロ黒生ね。
[PR]
by norinorigami | 2007-10-30 21:18 | できごと