大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今日は・・・

昨日、職場に行くと机の上に「グッスミン」が置いてあった。
朝なのになぜ?と思っていたら、Kさんが、忙しいみんなを気遣って「すっきり、爽快」という宣伝文句をたよりに、爽快な朝を迎えてもらおうと置いてくれたものだった。
「これって、夜ぐっすり眠るためのものじゃないですか?」と言った私に「今飲んじゃったよぉ。眠くなっちゃうかなぁ。」とKさん。かわいい。

忙しかったけれど、今日は久しぶりに友達と逢う約束をしていたので、「グッスミン」を飲んでみた。すっぱかったけれど、ぐっすり眠れて、朝はスッキリだった。ありがたい。

朝を爽快に迎えた私はKさんから借りていた「東京タワー」をやっと読み終わる。リリーさんの書いたものだ。いいとは聞いていたけれど、朝っぱらから涙でグズグズになった朝になった。

当たり前と思っていることも、いろんな人のおかげでおこっている。
周りの人に感謝できる人になりたいなぁ。涙ながら感じた。

今日逢う友達も私にとっては本当に大切な人たち。その人たちにどれだけ自分が役にたつのかなぁ。そんなことを考えつつ新宿へ。

新宿はすごい人だかり。
友達と逢っている間、私は楽しかった。
こんな時間を共有できるって本当に感謝だよね、と思った。

帰る道すがら、ロマンスカーに乗ろうと思った私は、本を買うことにした。ゆったり座れる席で時間がもったいない。
売店で角田光代の「ちいさな幸福」を手に取った。薄い。値段を見なかったけれど、420円した。

ちいさな幸福
角田 光代 / / 講談社
ISBN : 4062756447
スコア選択:

本て高いもんだなぁ、とちょっとコセコセしたことを思いながら、電車を待つ間から読んでみた。
13個のデートについての話。
どれを読んでもどうでもいいようなことを大切に思っている話だった。

「東京タワー」もそうだったけれど、当たり前だと思っていること、どうでもいいと思っているようなことに本当は大切なことが詰まっているような気がした。
毎日食べるご飯、毎日逢う人々。それのどれが欠けても今の自分は築けない。
当たり前のこと、どうでもいいように思うこと。そこにこそ大切なことがあるように思った一日だった。
[PR]
by norinorigami | 2007-02-03 22:15 | できごと