大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

頑張らないこと

b0091248_23351264.jpg


本当は今日も大阪・京都の旅について書きたいと思っていたんだけれど、今日はいろいろ感じたことがあったので、京都についてはまた今度ということで。

今日は久しぶりの友人にあった。渡したいものがあったのでちょこっと会えればと思っていたのだけれど、結局いろいろ話し込んでしまった。
いつも元気な彼女。職場ではかなり経営に近い立場で働いている。
そんな彼女をいつも尊敬している。

いつも頑張っている。そんな印象があるのだ。ぐうたらな私から見たら、まさに“尊敬”なのだ。

その彼女に渡したいものを渡して軽い気持ちで「最近どう?」と聞いてみた。
すると思っても見ない答えが返ってきた。
「仕事を辞めたいくらい悩んでるんだ。」
びっくりした。とっても張り切ってイキイキと働いていたから。

いろいろ聞いてみる。
「頑張ろうと思えば思うほど、苦しくて、苦しくて・・・」
責任のある立場の彼女は、自分のことだけじゃなく、いろんな人のことも考えなくてはいけない。問題が起これば、全て彼女が責任を負わなくてはいけない。
そんな毎日に押しつぶされそうだと。

もちろん、乗り越えていきたい事だけど、頑張り過ぎなくてもいいのではないか、というようなことを話した。だって十分頑張ってるんだから。それ以上頑張ろうとしなくてもさ。
自分の溜め込んでたことをちょっとでも吐き出したようで、ちょっとはスッキリしたようだった。

帰ってきて、ふと考えた。
“頑張る”って前向きな言葉だと思っていたけど、繰り返せば繰り返すほど嫌な言葉だと感じるな。

ちょっと辞書で調べてみた。
そもそも、頑張るというのはあて字で我を張るというところから来ている言葉らしい。
一番目に来ていたのが、自分の考えを押し通すというような意味だった。
印象が変わった。
どこから、努力するというような意味に変わっていったのか、それは分からないけれど、我を張ることが、頑張ることなら、ちょっと違った方向からみていくことも大事だなと思った。

気になって続けて「我慢」という言葉も調べてみた。一番最初に載っていたのは「わがままをとおす」というような意味だった。
「頑張る」と似ているな。

両方とも自分を押し殺すような意味と、自分を押し通す意味の両方がある。
表裏一体なのか?

自分を持つということは大切なことだとは思う。
でも、我を張りすぎるのは自分も周りも疲れてしまうのではないか?
なんとなくいい意味で「頑張る」を使ってきたけれど、そもそもが「我を張る」ということだったと知って、がんばらないことも必要だとすーっと心に入ってきた感じがした。

負けないことは大切だ。前向きに進んでいくことも。
でも、時には頑張らないことも大切だと思った。

私も彼女も頑張りすぎないために、時々会って、いろんなことを話したいと思った。
[PR]
by norinorigami | 2006-11-03 00:14 | できごと