大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

空気を読まない

b0091248_21165824.gif
一昨日、久しぶりに職場の皆さんと飲みに行った。
名目としては、男の子が今月結婚するので、そのお祝いということで。
神奈川の田舎にある職場から新宿へ。
小田急線沿いにあるのでロマンスカーで新宿へ私を入れて女性2人、男性2人で向かったのだが、「これに乗るんだったら、飲むでしょう?」と女性から言われて、男の子がビールを4人分買い込んでいた。(うそぉ。私はロマンスカーでも飲まないよぉ)と思いながらもその流れに従って1缶を飲んだ。

すきっ腹にお酒で、ちょっと酔っ払ってしまった私だったけれど、新宿にはKさんが待っている。
久しぶりに会えるのが楽しみでワクワクしながら降り立った。
そして、待ち合わせの伊勢丹で久しぶりにKさんに会えて本当に嬉しくなった。

そこから、焼き鳥屋へ。そこでまたちょこっと飲んだ。
さらに、お腹を一杯にするために次のお店へ。そこでもちょこっと飲み、私としてはこんなハシゴは初めてだった。

そして締めにゴールデン街へ。いつもKさんに連れて行ってもらうお店へ。
そこには20代前半の若者がいた。初めて来たという子が四人ほど。
「制覇してみたい」と如何にも血が熱そうな男の子が言った。
「どんくらいあるんだろうねぇ。」するとママが「250件あるからね。私はまだ140件くらいしか行ってないよ。」と言った。
「うわぁ。すごいねぇ。」年齢が一回りくらい離れた若者と一緒にワイワイと騒ぐ。

いろんな話をしている時に、若者グループの中で「空気を読めって言われたくない」という話題が持ち上がった。よく日本人は「周りの空気を読む」ということを求められる気がする。
「どうやって読めばいいんだよ。言葉で言わなきゃ本当のところはわからないじゃない。」という言葉を聴いて、本当にそう思った。
社会人になると自分がやりたいようにやることは難しいことが多いと感じることが多くなる。
すると、周囲の状況を判断できる人が一番うまく立ち回れる。

でも、そのままでいいのか?判断できたことが正解だったらいいけれど、本当のところはわからない。相手に聞いてみなければ実際のところなんて。
それをわかっている気になってしまうのが“大人”なのかもしれないと思った。

久々に青い感じの話を聞いて、ちょっと自分を見直してみた。
青くたっていい。本当のところを知っていける自分になりたいと思った。
b0091248_21392951.gif
[PR]
by norinorigami | 2006-09-01 21:43 | できごと