大きな声で独り言をつぶやいています。いろんなことに出会って、いろんなことを感じて・・・。


by norinorigami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アート

ちょっと前に展示会を見てきた。
「小袖にみる華・デザインの世界展」。
江戸時代の小袖がいっぱい。普通はガラスの中に入っているんだろうけど、
すべて、ちょっと手を伸ばせば届きそうに展示してある。

江戸時代のものが、この平成の時代にもきれいに残っていることの感動。
その中でも、刺繍で文字が入っているようなものが何点かあり、
何の意味があるのかもちょっとわからないので
「外国人の人が意味とかじゃなく、その文字の形のデザインだけを気に入って
Tシャツとかにプリントしているような感じなのかな?」
とか話していた。
b0091248_21295762.jpg

b0091248_21302317.jpg


でも、この美術館のブログを見ていたら、意味があるらしい。学芸員さんが質問に答えていた。

それにしても、手がこんでいる。
なんというか、“職人”、“粋”というような言葉が浮かんだ。

時間の流れの速さが今とは違いそうだな。
職人はいいものを作ろうとして、いろんな工夫をする。
それを買う客は、いいものができるまでじっと待つ。
そんな光景を思い浮かべた。

スピードが命のこの時代。
スローな感じのものを見るのも、たまにはいいもんだ。
[PR]
by norinorigami | 2006-05-30 21:36 | できごと